pagetop

本 秋山善吉工務店

ほしい!に追加 twitter
本-秋山善吉工務店
著者: 中山七里 (著)
定価 ¥1,620(税込)
BOOKFANポイント: 75 pt
or
Tポイント: 45 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
光文社
発行年月
2017年 03月
ISBNコード
9784334911522
版型
127×188mm
ページ数
313P
平均評価
(3)
: 0件
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

中山七里 OFF

内容紹介

ゲーム会社を辞め、引き籠っていた史親の部屋からの出火で家と主を失った秋山家。
残された妻の景子、中学生の雅彦、小学生の太一の三人は、史親の実家「秋山善吉工務店」に世話になることに。
慣れない祖父母との新生活は、それぞれの身に降りかかるトラブルで災難続きの日々。
一方、警視庁捜査一課の宮藤は、秋山家の火災は放火だったのではないか、と調べ始める―。
大工の善吉爺ちゃん、大立ち回り!!昭和の香り漂うホームドラマミステリー。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: まーち 投稿日:2017/04/02

ミステリにしなくても・・・

このタイトルでこの表紙、「これ、ほんとに中山さんの作品?」と思ったのは、私だけではないだろう。読んでみても、途中までは、どう見ても家族小説である。
ところが、著者の他の作品でも登場している宮藤刑事が出てきたあたりから、雰囲気が変わってくるのだ。


秋山景子と息子の雅彦(14歳)・太一(10歳)親子は、火事で、主の史親と自宅を失った。
彼女たちは、史親の実家である、秋山善吉工務店に身を寄せることになる。
しかしながら、生前の史親と善吉の関係は険悪で、ほとんど交流がなかったのである。
さらに、景子も雅彦も、善吉のことが苦手だった。


そんな事情で、ぎこちない同居生活が始まったのだが、3人とも、善吉のおかげで、それぞれが巻き込まれたトラブルから解放されることになり、善吉に対する気持ちが、大きく変わっていくのだった。


ここまでの話をさらにふくらませていけば、昭和の香り漂う家族小説が出来上がるだろう。
しかし、そこはやはり中山さんの作品なので、家族小説で終わらせるわけにはいかなかったらしい。


刑事の宮藤は、秋山家の火事は、単なる失火ではないと感じていた。
独自に調査を進めた彼は、景子を疑い始める。
事情聴取をしても、彼女の態度は、落ち着きがない。
しかし、決め手となる証拠が、何一つないのだ。
その後宮藤は、善吉にも疑いの目を向け始める。
宮藤に対し、挑発的な態度をとる善吉。
宮藤は、なんとかして、証拠を見つけ出そうとするのだが・・・


この作品、個人的な印象としては、ミステリにする必要があったのかなと思った。
強面で、態度は無愛想、べらんめえ口調で古色蒼然とした考えの、いかにも、昭和の頑固親父という感じの善吉と、嫁と孫たちを描いた家族小説でよかった気がしてしまうのだ。
宮藤刑事が登場する前とあとで、話の雰囲気があまりにも違い、ちょっと違和感をおぼえた。


どんでん返しがお得意の中山さんなので、この展開そのものがどんでん返しということになるのだろうか。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

コーヒーが冷めないうちに

川口俊和(著)


マスカレード・ナイト

東野圭吾(著)


陸王

池井戸潤(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ