pagetop

本 創られた「日本の心」神話 「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史

ほしい!に追加 twitter
本-創られた「日本の心」神話 「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史
著者: 輪島裕介 (著)
定価 ¥1,026(税込)
BOOKFANポイント: 47 pt
or
Tポイント: 28 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 光文社
シリーズ名 光文社新書 487
発行年月 2010年 10月
ISBNコード 9784334035907
版型 --
ページ数 358P
平均評価
(3)
: 0件
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

輪島裕介 OFF

内容紹介

「演歌は日本の心」と聞いて、疑問に思う人は少ないだろう。
落語や歌舞伎同様、近代化以前から受け継がれてきたものと認識されているかもしれない。
ところが、それがたかだか四〇年程度の歴史しかない、ごく新しいものだとしたら?本書では、明治の自由民権運動の中で現われ、昭和初期に衰退した「演歌」―当時は「歌による演説」を意味していた―が、一九六〇年代後半に別な文脈で復興し、やがて「真正な日本の文化」とみなされるようになった過程と意味を、膨大な資料と具体例によって論じる。
いったい誰が、どういう目的で、「演歌」を創ったのか。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

はじめに―美空ひばりは「演歌」歌手なのか?/第1部 レコード歌謡の歴史と明治・大正期の「演歌」(近代日本大衆音楽史を三つに分ける/明治・大正期の「演歌」 ほか)/第2部 「演歌」には、様々な要素が流れ込んでいる(「演歌」イコール「日本調」ではない/昭和三〇年代の「流し」と「艶歌」 ほか)/第3部 「演歌」の誕生(対抗文化としてのレコード歌謡/五木寛之による「艶歌」の観念化 ほか)/第4部 「演歌」から「昭和歌謡」へ(一九七〇年代以降の「演歌」/「演歌」から「昭和歌謡」へ ほか)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


すえずえ

畠中恵(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


ランキング一覧へ