pagetop

本 「ニート」って言うな!

ほしい!に追加 twitter
本-「ニート」って言うな!
著者: 本田由紀 (著)
定価 ¥864(税込)
BOOKFANポイント: 40 pt
or
Tポイント: 24 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 光文社
シリーズ名 光文社新書 237
発行年月 2006年 01月
ISBNコード 9784334033378
版型 --
ページ数 310P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

本田由紀 OFF

内容紹介

「ニート」とは、働かず、就学もせず、求職行動もとっていない若者を指す言葉で、日本では二〇〇四年頃より使われ始め、その急増が国を揺るがす危機のように叫ばれている。
様々な機関が「ニート」の「人間性」を叩き直そうと「支援」の手を差し押べており、多額の予算が動いている。
このような状況下において、本書では、まず、日本での「ニート問題」の論じられ方に疑問を覚える本田由紀氏が、「ニート」という言葉自体の不適切さを量と質の両面から明らかにする。
また、『いじめの社会理論』の著者である内藤朝雄氏は、「ニート」が大衆の憎悪と不安の標的とされていることを挙げ、憎悪のメカニズムと、「教育」的指導の持つ危険な欲望について解説する。
さらに、ブログ上で「俗流若者論批判」を精力的に展開し注目を浴びている後藤和智氏が、「ニート」を巡る言説を詳しく検証する。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 「現実」―「ニート」論という奇妙な幻影(「ニート」のイメージは間違っている/若者に対して真に必要な支援は何か)/第2部 「構造」―社会の憎悪のメカニズム(青少年ネガティヴ・キャンペーン/佐世保事件にみる諸問題/ニートをめぐる「祭り」の状況 ほか)/第3部 「言説」―「ニート」論を検証する(「ニート」論前夜―「自立しない若者」への苛立ち/「ニート」論はいかにして広まったか/週刊誌における「ニート」 ほか)

著者情報

本田 由紀
1964年徳島県生まれ。東京大学大学院情報学環助教授。専門は教育社会学。日本労働研究機構研究員などを経て現職

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング