pagetop

本 殺人捜査のウラ側がズバリ!わかる本 刑事ドラマでは見えてこない たとえば、犯人の偽装工作を彼らはどう見破るか?

ほしい!に追加 twitter
本-殺人捜査のウラ側がズバリ!わかる本 刑事ドラマでは見えてこない たとえば、犯人の偽装工作を彼らはどう見破るか?
著者: 謎解きゼミナール (編)
定価 ¥586(税込)
BOOKFANポイント: 27 pt
or
Tポイント: 16 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 河出書房新社
シリーズ名 KAWADE夢文庫 K877
発行年月 2010年 11月
ISBNコード 9784309497778
版型 --
ページ数 223P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

謎解きゼミナール OFF

内容紹介

現場で、まずガイシャの爪を見るのは?なぜ刑事は、二人一組で行動するのか?取調室の壁には本当にマジックミラーがある?…など、殺人事件の捜査・追及の実際をつぶさにレポート。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 現場保存から緊急配備、捜査一課の出動まで―「初動捜査」ではまず誰が、どう動くか/2 その顔ぶれから任務の分担、捜査会議の実際まで―「捜査本部」の仕組みと機能とは/3 地取り・鑑取りから尾行、張り込み、ガサ入れまで―「聞き込み」にまわる刑事たちの捜査術/4 検視から硝煙反応、偽装の見破り方まで―「自殺か、他堺か」は声なき死体が語る/5 傷の検分から死体の状態、司法解剖まで―「凶器と死亡推定時刻」をいかに割りだすか/6 指紋から足痕、血痕、血髪鑑定まで―「鑑識」はこの技法で犯人を絞りこむ/7 取調室から落としのテクニック、ウソ発見器まで―「逮捕・取調べ」では被疑者とどう対決するか/8 DNA型鑑定からNシステム、プロファイリングまで―「科学捜査」は難事件にこうして風穴をあける

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング