pagetop

本 味を訪ねて

ほしい!に追加 twitter
本-味を訪ねて
著者: 吉村昭 (著)
定価 ¥1,728(税込)
BOOKFANポイント: 80 pt
or
Tポイント: 48 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
河出書房新社
発行年月
2010年 10月
ISBNコード
9784309020099
版型
--
ページ数
176P
平均評価
(5)
: 1件
: 0件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

吉村昭 OFF

内容紹介

バイキング形式の朝食は敬遠し、市場の食堂でその土地の味に舌鼓をうつ。
けっして、グルメではない。
押しつけがましい料理人も困る。
高価な珍味もまた。
何気ない、下町の懐かしい味を求めて。
しばしの憩い、酒と食べもの。
取材先で出合った、地元の人しか知らない路地裏の味。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

ペテン/タラバ蟹の記憶/梅干しにカツオ/味覚極楽/苦しいときの鮨だのみ/カステラの手づくり三百五十年の味/長崎半島でフグとカマボコ/舌の味/宇和島の不思議なうどん屋/美しき村に家族と遊ぶ〔ほか〕

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: こたろう 投稿日:2013/03/17

収録エッセイ集、初めての「食べもの編」です。

図書館で借りたのですが、それまで気づかないでいたのは「料理」の棚に収められていたからです。
見つけ出して手にした時のうれしかったこと。
タイトルにも書きましたが食べ物について書かれたエッセイを集めた一冊です。
お酒が好きで、取材などで各地を訪れた時にお酒とともにその土地の名物やおいしいものを口にすることが好きだった吉村さん。
史実を追う厳しい眼差しとは違い、素顔のやさしい、うれしそうな笑顔で書かれているように思います。
そして吉村さんは自分のことを「食通」になる素質はないようだと書かれています。
「私は、食通になることはあり得ないことに気づく。食物についての知識は無にひとしく包丁も使えない。第一、うまい食物を口にできた時、私は、ただうれしくて笑うだけなのだ」
そして
「ただし、それがいかにうまい物でも値段が高ければ喜んではいられない、私の場合、食物には金に糸目をつけるのである。
私にとってうまいとは、安い割に……という条件が必要になる。」
気取らない吉村さんが舌鼓をうった品々とその時のうれしそうな笑顔が浮かぶ文章がたくさん並んでいます。
長崎のカステラの耳を試食させてもらったり、同じ長崎の野母崎のカマボコが揚がるのを見せてもらい、「食べますか」という言葉に吉村さんはうれしそうにうなずくのです。
「私は、咀嚼しながら嬉しくなって笑い出した。なんといううまさだ、と思った。一般のカマボコと違って良質の魚そのものの味がある。」
そして
「私は、笑いながらその熱いカマボコを二枚食べた。」そうです。
「またも値段のことを書く。主人の話によると、板付きカマボコ型のもの一個には、アジが三尾使われているという。東京では一尾百円以上するはずだが、カマボコに加工して卸値が一個五十円。」
そして卸値で分けてもらえたことを喜んで、新鮮なうちにと急いで飛行機に乗られています。

そのほかにも沖縄のビフテキのことや宇和島のうどんのこと。そして蕎麦につていもたくさん書かれています。吉村さんは東京の下町の生まれで蕎麦に親しんでこられたこと。逆に山の手では戦前そばを食べる習慣がなかったとも書かれています。
鯊釣りというお話ではめったに魚釣りをしない吉村さんが千葉の知人と鯊釣りに出かけた時のことを書かれています。朝六時に起き、支度をし妻に「今日は鯊の天ぷらだ。」と告げると「車海老でも買っておきますか」と妙な笑いを含んだ目で言われたそうです。五年前にやはり鯊釣りに出かけ四匹しか釣れずやむなく駅前で車海老を買って帰ったそうです。「その時の屈辱感が古傷のように残っている」と書かれています。
釣りは上出来で自己記録を大幅に上回る三十匹近い鯊を釣り上げて意気揚揚と帰られたそうです。ところが翌朝の新聞で前日、東京湾が鯊釣り船でにぎわったという記事を目にします。
「鯊は女性や子供など初心者でも容易に釣れるので人気があると、と書かれ、さらに一人平均五、六十匹は釣っていると記されていた。
私は、少し気落ちし、次の記事に目を移した。」で終わっています。
やっぱり吉村さんが好きだなと思いました。残念なのが薄い本ですぐ読み終わってしまったことです。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

陸王

池井戸潤(著)


マスカレード・ナイト

東野圭吾(著)


女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと

西原理恵子(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ