pagetop

本 〈シリーズ〉日本文学の展望を拓く 5

ほしい!に追加 twitter
本-〈シリーズ〉日本文学の展望を拓く 5
著者: 小峯和明 (監修)
定価 ¥9,720(税込)
BOOKFANポイント: 450 pt
or
Tポイント: 270 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
笠間書院
発行年月
2017年 11月
ISBNコード
9784305708854
版型
A5 (148×210mm)
ページ数
378P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

〈シリーズ〉日本文学の展望を拓く OFF
小峯和明 OFF

内容紹介

書物をめぐるネットワーク、人と書物とをめぐる文化総体の追究が資料学の全容である。
日本文学とその研究がこれまでに担ってきた領域、これから創造していく可能性をもつ領域とは何か。
人文学としての文学が人間社会に果たしうる役割に関して、より豊かな議論を成り立たせるには、これからどうしていけばよいのか。
日本文学の窓の向こうに広がるものの総体を捉えようとするシリーズ第5巻。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

総論―“資料”から文学世界を拓く/第1部 資料学を“拓く”(“説話本”小考―『印度紀行釈尊墓況 説話筆記』から/鹿児島県歴史資料センター黎明館寄託・個人蔵『“武家物語絵巻”』について―お伽草子『土蜘蛛』の一伝本/国文学研究資料館蔵『大橋の中将』翻刻・略解題 ほか)/第2部 資料生成の“場”と“伝播”をめぐって(名古屋大学蔵本『百因縁集』の成立圏/『諸社口決』と伊勢潅頂・中世日本紀説/圓通寺藏『血脈鈔』紹介と翻刻 ほか)/第3部 資料を受け継ぐ“担い手”たち(『中山世鑑』の伝本について―内閣文庫本を中心に/横山重と南方熊楠―お伽草子資料をめぐって/翻印南部家旧蔵群書類従本『散木奇歌集』頭書 ほか)

うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと

西原理恵子(著)


ノーマンズランド

誉田哲也(著)


君たちはどう生きるか

吉野源三郎(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ