pagetop

本 高橋虫麻呂の万葉世界 異郷と伝承の受容と創造

ほしい!に追加 twitter
本-高橋虫麻呂の万葉世界 異郷と伝承の受容と創造
著者: 大久保廣行 (著)
定価 ¥3,024(税込)
BOOKFANポイント: 28 pt
or
Tポイント: 28 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
笠間書院
発行年月
2018年 06月
ISBNコード
9784305708656
版型
127×188mm
ページ数
293P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

大久保廣行 OFF

内容紹介

旅と伝説を詠んだ
異色の歌人虫麻呂は
歌の奥に何を見極めようとしたのか

万葉集に36首を残す男に迫るため、律令官人組織や歴史的背景の視点を導入する。
中でも直属の上司である藤原宇合を鏡に用いて、虫麻呂の全体像を浮かび上がらせ、人から作品を見直す。


官人として異郷を巡るなか、出遇った風景・風俗・伝承をどう歌として再創造したのか。
作歌の時と場や動機を確かめ、虫麻呂歌の秘密の中核を明らかにする。


虫麻呂のことがわかる究極の一冊!

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

はしがき

序章 高橋虫麻呂の軌跡―官人と歌人のはざまに在って

一章 活動前期・常陸在駐時―東国で見出したもの
 ㈠ 常陸国の大掾として
 ㈡ 按察使の典として
 ㈢ 『常陸国風土記』への関与の有無

二章 活動後期・帰京後―人間へのまなざし
 ㈠ 造難波宮司の主典として
 ㈡ 京官(式部省の大録または宇合家の家令)として

終章 虫麻呂の生と歌作

(付)関係参照事項〔高橋虫麻呂の全作品 一覧/虫麻呂の一生 素描/虫麻呂の足跡と作歌/藤原宇合 略年譜/藤原氏系図〕

あとがき

余滴 虫麻呂活躍期の年齢と宇合の享年
余滴 虫麻呂歌集の行方
余滴 たびたびの筑波山登頂
余滴 珠名の特異な容姿
余滴 虫麻呂作品と水
余滴 虫麻呂長歌の対句表現
余滴 虫麻呂の女性志向
余滴 「詠める歌」
余滴 長歌の額縁型構造
余滴 家
余滴 虫麻呂歌の枕詞
余滴 虫麻呂歌の花
余滴 憶良歌との接点

うれしい全品送料無料♪全商品1%ポイント還元!
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

このミステリーがすごい! 2018年のミステリー&エンターテインメントベスト20 2019年版

『このミステリーがすごい!』編集部(編)


読書間奏文

藤崎彩織(著)


フーガはユーガ TWINS TELEPORT TALE

伊坂幸太郎(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ