pagetop

本 言語と思想の言説(ディスクール) 近代文学成立期における山田美妙とその周辺

ほしい!に追加 twitter
本-言語と思想の言説(ディスクール) 近代文学成立期における山田美妙とその周辺
著者: 大橋崇行 (著)
定価 ¥3,024(税込)
BOOKFANポイント: 140 pt
or
Tポイント: 84 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
笠間書院
発行年月
2017年 10月
ISBNコード
9784305708533
版型
A5 (148×210mm)
ページ数
284P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

大橋崇行 OFF

内容紹介

江戸以前の「知」、海外から流入してくる「知」―。
明治期、活字メディアによる情報革命の中で、多様な「知」はさまざまに錯綜し、新たな言説は生み出されていくこととなった。
その過程の総体を、山田美妙から明らかにしていく書。
ある時代の言葉は、どのように運用、共有され、新たな文化として再編成されていくのか。
目の前にあるテクストだけを精読しても読み取ることのできない領域が、言葉には張り巡らされている。
山田美妙は言葉とどう格闘し、そこでは何が起こっていたのか。
日本の“近代”の実態を炙り出す。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 明治期の多様な「知」と日本の“近代”/第1章 美妙にとっての「詩」と「小説」―「知」と「情」との関わり(明治期の「詩」と「小説」―山田美妙の初期草稿/美妙にとっての「小説」―「蝴蝶」/『女学雑誌』の小説観―清水紫琴「こわれ指環」/「知」としてのゾライズム―「いちご姫」/江戸の「知」と西欧の「知」との融合―「武蔵野」)/第2章 言文一致再考―「文体」「文法」と「思想」の表現(「翻訳文」という文体―初期草稿から/美妙の“翻訳”―「骨は独逸肉は美妙/花の茨、茨の花」/美妙の「文法」/歴史と想像力―「笹りんだう」/言文一致論と「思想」の表現)

うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと

西原理恵子(著)


ノーマンズランド

誉田哲也(著)


陸王

池井戸潤(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ