pagetop

本 宣長はどのような日本を想像したか 『古事記伝』の「皇国」

ほしい!に追加 twitter
本-宣長はどのような日本を想像したか 『古事記伝』の「皇国」
著者: 裴寛紋 (著)
定価 ¥5,940(税込)
BOOKFANポイント: 275 pt
or
Tポイント: 165 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
笠間書院
発行年月
2017年 06月
ISBNコード
9784305708342
版型
A5 (148×210mm)
ページ数
254,4P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

裴寛紋 OFF

内容紹介

日本思想史上での宣長再評価に向けて。
『古事記伝』は『古事記』の解釈を通して、宣長による新たな神話を成立させたテキストであった。
つくり出された“古事記”はいかなる物語となったのか。
『古事記伝』の読みが『古事記』と最も乖離している箇所「外国“とつくに”」に着目し。
ひるがえって、自国日本に対して用いた語「皇国“みくに”」の意味を追究する。
神について語る『古事記』を、人に適用して読もうとした『古事記伝』の本質が明らかになる。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 『古事記伝』で「皇国」を問うこと/第1章 『古事記伝』のつくった「外国」(「常世国」から拡大した「外国」の物語/地球的世界における「外国」と「皇国」/「皇国」の物語のためにつくられた「外国」)/第2章 『古事記伝』における「カラ国」の克服(「韓国」の解決/固有なる起源を求めて)/第3章 『古事記伝』のつくった「皇国」(「事」としての世界/世界の原典としての“古事記”/「皇国」の選択)/終章 宣長学の解明に向けて―「皇国」の物語の達成が導くもの

うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
年末年始電子ストアギフト券キャンペーン!最高3,000円分ギフト券プレゼント中★
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと

西原理恵子(著)


禅僧が教える心がラクになる生き方

南直哉(著)


屍人荘の殺人

今村昌弘(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ