pagetop

本 羅山に散るまで 日中戦争隊付軍医の日記

ほしい!に追加 twitter
本-羅山に散るまで 日中戦争隊付軍医の日記
著者: 藤原東一郎 (著)
藤原邦也 (編)
定価 ¥1,512(税込)
BOOKFANポイント: 70 pt
or
Tポイント: 42 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
文芸社
発行年月
2008年 08月
ISBNコード
9784286050805
版型
--
ページ数
249P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

藤原東一郎 OFF
藤原邦也 OFF

内容紹介

軍医将校として最前線を転戦した迫真の戦場日記。
傷兵・落伍兵の救護など凄惨を極めた戦場の情景を、渾身の力を振り絞ってつづった日中戦争の悲劇。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

めでたく凱旋を祈りつつ/故国の空が、こよなく恋しい/故郷を偲び武運長久を祈る/前途遼遠の感深し戦闘/横溢する野戦風景/紅蓮美しく咲き揃える池

著者情報

藤原 東一郎
1902(明治35)年12月、東京・赤坂生まれ。岡山一中、第六高等学校を経て、1928(昭和3)年、岡山医科大学を卒業。姫路にて兵役に服し、岡山医大耳鼻咽喉科教室に入局、田中文男教授の門下生となる。岩手県和賀郡黒沢尻町(現在の北上市)和賀病院勤務。三宅淳子と結婚。子供二人誕生。1937(昭和12)年7月、応召。鳥取四十連隊に入隊し、天津より南へ中国各地を転戦。1938(昭和13)年10月1日、河南省羅山近郊、鳴風岡にて戦死
藤原 邦也
1934(昭和9)年12月、岩手県和賀郡黒沢尻町生まれ。岡山朝日高等学校を経て、1959(昭和34)年、岡山大学医学部を卒業。神戸健保中央病院にてインターン。1960(昭和35)年、岡山大学耳鼻咽喉科教室に入局、高原滋夫教授の門下生となる。日立造船因島病院、岡山市民病院勤務の後、1977(昭和52)年より、岡山市内にて耳鼻咽喉科医院を開業、現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
10日間の期間限定!最高3,000円分ギフト券プレゼント中!
いよいよ最終週!真夏のポイント50倍カーニバル!
特集一覧へ
ジャンルランキング
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ