pagetop

本 真海 堀江秀海遺稿集

ほしい!に追加 twitter
本-真海 堀江秀海遺稿集
著者: 堀江秀海 (著)
定価 ¥1,620(税込)
BOOKFANポイント: 75 pt
or
Tポイント: 45 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 文芸社
発行年月 2007年 10月
ISBNコード 9784286031484
版型 --
ページ数 --
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

堀江秀海 OFF

内容紹介

「魂と肉体は一体で生きている。
私自身何度か死地に落ちたが、その都度生かされてきた。
それは、この世で果たさなければならない仕事が残っているからだと思っている」。
病弱だった幼少期から、御嶽行者の弟子になり、さらに高野山へ。
従軍を経て、北陸の霊山・石動山で青空寺院の復興に捧げた年月。
波乱万丈な生涯の一方で、深く豊かな思想を自ら育んだ堀江秀海氏の、至宝の遺稿集。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 私の歩いてきた道(病弱だった幼少時代/病気平癒を願って蛇神様を参詣 ほか)/第2部 霊魂の不思議(お盆にちなんで/私の背中に負ぶさった大男の霊 ほか)/第3部 生かされて生きる(いのちとは何か/命数を全うせよ ほか)/第4部 佛教についての一考察(平和の教えである佛教を勉強しよう/佛教の極意は坐ること ほか)

著者情報

堀江 秀海
明治44年愛知県木曽川に生まれる。昭和11年小学校高等科二年卒業後、高野山蓮花院に入寺。蓮花院故徳守清鳳師の弟子となる。故東山清忍師は兄弟子。昭和11年得度、名を「清禅」と改める。昭和16年開教師として台湾に渡る。3月2日に基降に上陸。昭和18年7月軍隊に入る。昭和20年病いを得て帰国。昭和23年石動山「天平寺」の住職につき、青空寺と化した寺院の復興に尽くす。昭和23年砂乃と結婚。昭和50年胸部外科手術を受ける。平成5年逝去。享年79歳(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

コンビニ人間

村田沙耶香(著)


鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン2

鴻池剛(著)


恋のゴンドラ

東野圭吾(著)


ランキング一覧へ