pagetop

本 大学卒業制度の崩壊 策は「大学設置基準」第三十二条の廃止にあり

ほしい!に追加 twitter
本-大学卒業制度の崩壊 策は「大学設置基準」第三十二条の廃止にあり
著者: 藤田整 (著)
定価 ¥1,188(税込)
BOOKFANポイント: 55 pt
or
Tポイント: 33 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 文芸社
発行年月 2007年 11月
ISBNコード 9784286018119
版型 --
ページ数 127P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

藤田整 OFF

内容紹介

空洞化・形骸化した卒業認定を打破し、真の勉学意欲を掻き立てるのは、卒業制度の廃止である。
ともすれば「入試合格=卒業」となっている日本の大学教育、社会システムの問題点を剔出し、その根本的打開策を明快に提言する。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 大学再生へ向けて/第2章 「入試合格=卒業」が大学教育を駄目にしている(形骸化した「大学卒業」/中学校あたりから問題が増えてくる/勉強のできない大学生たち/入試に合格すれば卒業したも同然/「大学とは勉学に励む場所」に変われば、受験競争は沈静化する)/第3章 もう卒業は要らない(卒業がなくなれば、かえって勉学に励みが出てくる/卒業がなくなれば他大学でも、より自由に学べる/日本の単位認定は甘すぎて、値打ちが低下/卒業証書を止めて生涯学習を/大学のブランド信仰を捨てる利点)/第4章 卒業廃止が大学を救う(予想されるQ&A/卒業制度の廃止がもたらす利点/広がりを見せる卒業不要論)

著者情報

藤田 整
1928年(昭和3年)京都府生。1955年一橋大学経済学部卒業。1961年一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。1965年社会学博士。1963年大阪市立大学経済学部講師。1972年モスクワ、グラスゴー両大学に留学。1975年大阪市立大学経済学部教授。1981年同大学経済学部長。1983年大阪市立大学・レニングラード国立大学学術交流委員会委員長。1991年大阪市立大学定年退職、同大学名誉教授。大阪経済法科大学経済学部教授。2007年同大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ