pagetop

本 シュタイナー学校の音楽の授業 音の体験から音符・楽譜へ

ほしい!に追加 twitter
本-シュタイナー学校の音楽の授業 音の体験から音符・楽譜へ
著者: フェリチタス・ムーヘ (著)
泉本信子 (訳)
中山やちよ (訳)
定価 ¥3,240(税込)
BOOKFANポイント: 150 pt
or
Tポイント: 90 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 音楽之友社
発行年月 2002年 05月
ISBNコード 9784276312340
版型 --
ページ数 150P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

フェリチタス・ムーヘ OFF
泉本信子 OFF
中山やちよ OFF

内容紹介

ファンタジーの世界に生きているといわれる子どもたち。
想像力を働かせて学ぶ子どもたち。
シュタイナー学校の教室ではどのような音楽の授業が展開されているでしょうか。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1年生 聴いて学ぶ(世界のすべてのものには名前がついている!/鳥の巣の音/鐘の音 ほか)/2年生 リズムを学ぶ(2年生が始まった/音の郵便/問いと答え ほか)/3年生 音階の不思議を学ぶ(3年生が始まった/王さまの道/休み、休符 ほか)

著者情報

フェリチタス・ムーヘ
1906‐1984。ブレスラウ(現ポーランド)に生まれる。コンサート・ヴァイオリニスト。幼少の頃より詩を書き、作曲をする。彼女の人生の前半における創造活動は戦争の犠牲となる。39歳の時、ヴァルドルフ(シュタイナー)教育に出会う。シュトゥットガルトでヴァルドルフ教育について学んだあと、ミュンヘンのルドルフ・シュタイナー学校で教え始める。そこで音楽教育家、音楽療法家、詩人、作曲家として27年に及ぶ活動をする
中山 やちよ
東京都生まれ。明治大学文学部独文学科卒業。ミュンヘン・オイリュトミー学校、ゲーテアヌム・オイリュトミー研究コースにて学ぶ。U.I.ギーレルトに師事。現在、大人のための芸術オイリュトミー、こどものための教育オイリュトミーを教える
泉本 信子
岡山県生まれ。愛媛大学教育学部特設音楽科ピアノ専攻卒業、同教育専攻科修了。東京学芸大学大学院教育学研究科音楽教育専攻修了。長年音楽教育にたずさわる。音楽療法やシュタイナー教育の中で使われる楽器「ライアー」を学び、現在講座を持つとともに演奏活動も行なう

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ