pagetop

本 ピアノ演奏芸術 ある教育者の手記

ほしい!に追加 twitter
本-ピアノ演奏芸術 ある教育者の手記
著者: ゲンリッヒ・ネイガウス (著)
森松皓子 (訳)
定価 ¥4,104(税込)
BOOKFANポイント: 38 pt
or
Tポイント: 38 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
音楽之友社
発行年月
2003年 06月
ISBNコード
9784276143609
版型
--
ページ数
318P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ゲンリッヒ・ネイガウス OFF
森松皓子 OFF

内容紹介

名教師として名高いネイガウス教授による、モスクワ音楽院在籍40余年にわたるピアノ教育の神髄を披瀝した歴史的名著の改訳・新訂版。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 音楽作品の“芸術的イメージ”/第2章 いくつか、リズムについて/第3章 音について/第4章 技術についての探求/第4章への補足/第5章 先生と学生/第6章 コンサート活動について

著者情報

ゲンリッヒ・ネイガウス
1888年4月12日現ウクライナ共和国エリザヴェトグラードに生まれる。両親はともにピアノ教師。母方の叔父フェリックス・ブリュメンフェルトや従兄弟のシマノフスキから大きな影響を受けた。1902年14歳の時にミッシャ・エルマン(11歳)とのコンサートに出演、伴奏および独奏を行った。その後ベルリンで作曲をユオンに師事、ウィーン音楽院ではゴドフスキーにピアノを学ぶ。1914年、故郷エリザヴェトグラード音楽院で教職につき、以後チフリス、キエフなどを歴任、1922年からモスクワ音楽院教授をつとめる。ここでの教育活動は死の年(1964年)まで続く。その間も活発な演奏活動を行いながら、リヒテル、ギレリスなど多くのピアニストを育てた
森松 皓子
山口県出身。神戸市外国語大学卒。これまで、ラウディミール・トロップ、イリーナ・メジューエヴァなどのロシアのピアニストの通訳を多くつとめた。最近ではトロップ教授の公開セミナーの通訳をはじめ、ロシア人ピアニストによる雑誌記事翻訳などで活躍
うれしい全品送料無料♪全商品1%ポイント還元!
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ