pagetop

本 憲法の核心は権力の問題である 九条改憲阻止に向けて

ほしい!に追加 twitter
本-憲法の核心は権力の問題である 九条改憲阻止に向けて
著者: 三上治 (著)
定価 ¥2,160(税込)
BOOKFANポイント: 100 pt
or
Tポイント: 60 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 御茶の水書房
発行年月 2007年 06月
ISBNコード 9784275005328
版型 --
ページ数 194P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

三上治 OFF

内容紹介

著者独自の「主権論」、「権力論」の思想的考察を視軸にして「自民党新憲法草案」の歴史的位置とその特徴を析出する。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

憲法第九条論(非戦条項(第九条)の改定/自民党新憲法草案の眼目 ほか)/主権の考察(国家主権と国民の主権/主権在民とは何か ほか)/憲法の核心は権力の問題である(壱)(むかしとった杵柄/危機論と歴史の段階について ほか)/憲法の核心は権力の問題である(弐)(改めて憲法のことを問う/一行の法律を書き換えること ほか)/憲法の核心は権力の問題である(参)(国会前に足を運ぶ/今、何故、改憲なのか ほか)

著者情報

三上 治
1941年三重県生まれ。1960年、中央大学法学部政治学科に入学する。安保闘争に参加。1962年、再建された社会主義学生同盟の全国委員長となる。1969年、共産主義者同盟叛旗派をつくり、最高指導者となる。1975年、叛旗派を辞め、政治的実践活動から退く。その後、雑誌『乾坤』を創刊し執筆活動に転じる。編集校正集団聚珍社に参画、退社後再び執筆に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ