pagetop

本 図解ヒートポンプ 地球温暖化防止とヒートポンプ・蓄熱技術

ほしい!に追加 twitter
本-図解ヒートポンプ 地球温暖化防止とヒートポンプ・蓄熱技術
著者: 矢田部隆志 (編著)
定価 ¥2,052(税込)
BOOKFANポイント: 95 pt
or
Tポイント: 57 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 オーム社
発行年月 2005年 07月
ISBNコード 9784274500398
版型 --
ページ数 190P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

矢田部隆志 OFF

内容紹介

空気の熱などの未利用エネルギーを熱源にする「ヒートポンプ」の飛躍的なCOP向上と利用可能な分野の広がりは、従来のエネルギー構造に変革をもたらす可能性が極めて大きいものと思われます。
ヒートポンプは、必要な時に必要な熱エネルギーを自在にくみ上げることができるほか、蓄熱槽と組み合わせると、あらかじめ必要とされる熱エネルギーを蓄えることで効率のよい運転ができます。
例えば、将来、住宅の省エネルギーがいっそう進むと、わずかな消費電力で住宅1軒の全館冷暖房が可能になるかもしれません。
また、時間をかけてお湯を沸かすヒートポンプ給湯機も瞬間湯沸しが可能になるかもしれません。
お風呂の残り湯の熱エネルギーを、給湯や暖房にヒートポンプでリサイクルすることも行われ、さらに、冷房排熱を利用した暖房・給湯システムなど高機能化も進むでしょう。
京都議定書の目標を達成するために2010年にヒートポンプ給湯機520万台、高効率空調機12000台普及させることは決して大げさな目標値ではありません。
なぜなら、すでに技術は確立しているのです。
要はヒートポンプを積極的に採用するよう国、企業、国民が努力することなのです。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

ヒートポンプとは?/地球温暖化とヒートポンプ/都市と地球の環境にやさしいヒートポンプ/住宅で使われるヒートポンプ/ビル・店舗で使われるヒートポンプ/都市再開発・工場で使われるヒートポンプ/ヒートポンプの原理/ヒートポンプの種類と特徴/冷媒の種類と環境性/蓄熱システム/こんなにあるさまざまなヒートポンプ/ヒートポンプを取り巻く社会環境

著者情報

矢田部 隆志
1994年青山学院大学大学院理工学研究科機械工学専攻修了。氷蓄熱式空調システム「エコ・アイス」や躯体蓄熱空調システム、蓄熱式冷凍冷蔵ショーケースなどの電力負荷平準化機器・システムの開発・普及促進に従事。財団法人ヒートポンプ・蓄熱センター

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


機械保全の徹底攻略 2016年度版機械系・実技


天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


ランキング一覧へ