pagetop

本 水素は石油に代われるか

ほしい!に追加 twitter
本-水素は石油に代われるか
著者: JosephJ.Romm (著)
本間琢也 (訳)
西村晃尚 (訳)
定価 ¥3,240(税込)
BOOKFANポイント: 150 pt
or
Tポイント: 90 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 オーム社
発行年月 2005年 11月
ISBNコード 9784274200748
版型 --
ページ数 235P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

JosephJ.Romm OFF
本間琢也 OFF
西村晃尚 OFF

目次

第1章 なぜ今、水素が求められるのか?/第2章 燃料電池の基礎/第3章 燃料電池の商品化に至る道/第4章 水素の製造/第5章 水素をベースとした交通システムの重要な要素/第6章 燃料電池車の実用化までの長い道程/第7章 地球温暖化と水素経済社会への移行シナリオ/第8章 地球温暖化の世紀への取組み/第9章 水素パートナーシップとパイロット計画/結論:未来についての選択

著者情報

本間 琢也
工学博士(京都大学)。1957年京都大学大学院工学研究科(応用物理学)修士課程修了。1958年工業技術院電気試験所(現:産業技術総合研究所)入所。1979年筑波大学教授(構造工学系)。1987年同理工学研究科長。1993年新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)理事、筑波大学名誉教授。1995年燃料電池開発情報センター(FCDIC)顧問。1997年同上常任理事。現在、同上顧問、株式会社オーム社企画顧問(併)、エネルギー変換懇話会会長、携帯機器用超小型燃料電池標準化委員会委員長(日本電機工業会)、電気学会・新エネルギー・環境技術委員会委員、日本エネルギー学会・評議員、燃料電池実用化戦略研究会委員(資源エネルギー庁)
西村 晃尚
1986年東京工業大学大学院総合理工学研究科(材料科学)修士課程修了。トヨタ自動車株式会社入社。第2生技部、生技開発部、Toyota Motor Manufacturing North America,Inc.を経て、現在、FC開発本部FC生技部主担当員(FC技術部兼務)、燃料電池実用化推進協議会要素技術SWG委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


伝道の法 人生の「真実」に目覚める時

大川隆法(著)


天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


ランキング一覧へ