pagetop

本 はじめてのクローズドシステム処分場 被覆型最終処分場の計画と事例

ほしい!に追加 twitter
本-はじめてのクローズドシステム処分場 被覆型最終処分場の計画と事例
著者: クローズドシステム処分場開発研究会 (編)
定価 ¥3,132(税込)
BOOKFANポイント: 29 pt
or
Tポイント: 29 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
オーム社
発行年月
2002年 05月
ISBNコード
9784274024740
版型
--
ページ数
182P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

クローズドシステム処分場開発研究会 OFF

内容紹介

クローズドシステム処分場のコンセプトは「コントロール」と「コミュニティ」である。
そのために、本書では、最終処分場に入ってくる廃棄物の質と量をコントロールするための基本的要素技術(技術的側面)と、跡地利用に代表される地域とのコミュニティ(社会的側面)への配慮要因、さらにそれらを統合(システム化)する例としての計画・建設事例についてわかりやすく解説した。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 実務編(クローズドシステム処分場と廃棄物処理の現状/クローズドシステム処分場技術の概要/クローズドシステム処分場施設整備計画の作り方/クローズドシステム処分場建設技術の具体例)/第2部 展開編(次世代型クローズドシステム処分場/次世代型クローズドシステム処分場構想事例/施設整備の新たな考え方)

うれしい全品送料無料♪全商品1%ポイント還元!
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

続日本100名城公式ガイドブック 日本の文化遺産「城」を歩こう

日本城郭協会(監修)


公認心理師必携テキスト

福島哲夫(編集)


今日の治療薬 解説と便覧 2018

浦部晶夫(編集)


ランキング一覧へ