pagetop

本 学校選択の自由化をどう考えるか

ほしい!に追加 twitter
本-学校選択の自由化をどう考えるか
著者: 池上洋通 (著)
定価 ¥1,512(税込)
BOOKFANポイント: 70 pt
or
Tポイント: 42 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
大月書店
発行年月
2000年 08月
ISBNコード
9784272411252
版型
--
ページ数
127P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

池上洋通 OFF

内容紹介

「学校選択の自由化」とは何か。
最低限論ずべき課題を明らかにする。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 学校選択の自由化政策の論点(基本的観点の確立/学区制度の歴史的経過とその意義、制度上の課題/学校選択の自由化の論点/学校教育への参加と率直な討論を呼びかける)/第2章 市場主義でなく市民主義の教育改革を/第3章 日本型学校選択制はどうはじまっているか―東京・足立区三年間の「大幅弾力化」に関する調査から考える

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
クラウド本棚認証or認証&電子書籍購入でギフト券プレゼント!
特集一覧へ