pagetop

本 モチモチの木

ほしい!に追加 twitter
本-モチモチの木
著者: 斎藤隆介 (著)
滝平二郎 (画)
定価 ¥1,512(税込)
BOOKFANポイント: 70 pt
or
Tポイント: 42 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
岩崎書店
シリーズ名
創作絵本 6
発行年月
1971年 11月
ISBNコード
9784265909063
版型
--
ページ数
31P
平均評価
(5)
: 4件
: 2件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ
3件

新刊お知らせ登録一覧へ »

斎藤隆介 OFF
滝平二郎 OFF

ブクレポ (レビュー)

ニックネーム: たたみ 投稿日:2011/05/17

夜、大きなモチモチの木は豆太に…

夜、大きなモチモチの木は豆太にとって恐い化物に見える。見えるのではなく本当に夜になると豆太を食べる化け物になってしまうかもしれない。何も見えない暗がりの中はモチモチの木だけではなくたくさんの化け物がひしめく世界かもしれない。
でも、豆太にとって本当に恐かったのは「じいさまがどうにかなってしまう事」
そして、豆太は駆け出した。

たしかに貞子がTVから出てきても、その場で我が子が倒れたら
貞子そっちのけで救急車呼ぶかもしれない。

身近にいる人がどうにかなってしまう事。ひとりになってしまう事。それが本当に恐い。
と最近つくづくそう思う。歳のせいかな…。

ニックネーム: Aoki 投稿日:2011/03/16

「男は強くある事」というような…

「男は強くある事」というような風潮の世代に育った私にとって、慰めの一冊である。「弱い」よりは「強い」方が良いのだろうが、強さだけで決して生きていけない現実を認めざるを得ない。
真の「強さ」とはなんだろうか? やらなきゃならない時に泣き叫びながらも立ち向かっていく、ほんの少しの強さと正しさ、そして優しさの中にこそ、真の力強い輝きが放たれるのだと教えてくれる。

ニックネーム: ゆず茶 投稿日:2011/02/07

☆内容紹介☆\n峠の猟師小屋にじ…

☆内容紹介☆
峠の猟師小屋にじさまと住む豆太は臆病者で、
夜はじさまを起こさないと雪隠に行けないほど。
家の前にある「モチモチの木」と名づけたトチの木が
怖いのであった。そんなある晩、じさまは腹痛で苦しみだす。
じさまを助けるには暗闇の中医者を呼びにいかなければならない。
豆太は勇気を振り絞り医者を呼びに行き、じさまは助かる。
そのときにじさまの話していた木に雪明かりがともり、
モチモチの木とはこのことだったんだと
意味を知る。しかし相変わらず豆太はじさま
を起こさないと雪隠に行けないのであった。

☆プチ感想☆
モチモチの木に灯がともる霜月二十日の丑三つ時は、山の神様のお祭りの日。
たった一人の勇気のある子どもだけが、
見ることのできる“モチモチの木にともる灯”。
豆太は見る事ができるでしょうか?
子供の頃は、この素敵な切り絵が怖くて、内容より画の印象の方が強かったですね(;^_^A
大人になって読み返してみたのですが、今では画も文章も一緒に楽しめました♪
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
年末年始電子ストアギフト券キャンペーン!最高3,000円分ギフト券プレゼント中★
特集一覧へ
ジャンルランキング
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ