pagetop

本 どんぐりと山ねこ

ほしい!に追加 twitter
本-どんぐりと山ねこ
著者: 宮沢賢治 (著)
高畠純 (画)
定価 ¥1,080(税込)
BOOKFANポイント: 50 pt
or
Tポイント: 30 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
岩崎書店
シリーズ名
宮沢賢治のおはなし 1
発行年月
2004年 11月
ISBNコード
9784265071012
版型
--
ページ数
68P
平均評価
(4)
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

宮沢賢治 OFF
高畠純 OFF

内容紹介

ある日、山ねこからはがきをうけとって、一郎は森の「さいばん」にでかけた。
たくさんのどんぐりたちがだれがいちばんえらいかをあらそっているというので、一郎は…。
小学1年生から楽しくよめる宮沢賢治のおはなし。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

著者情報

宮沢 賢治
1896年岩手県花巻市生まれ。盛岡高等農林学校卒業。1924年詩集『春と修羅』、童話集『注文の多い料理店』を出版するが、1933年9月21日、病気のため三七歳の若さで亡くなる。数多くのこされた、すぐれた詩や童話が、没後、整理・出版され、いまもなお多くの人びとに読みつがれている
高畠 純
1948年生まれ。愛知教育大学卒業。1983年『だれのじてんしゃ』(フレーベル館)でボローニャ国際児童図書展グラフィック賞。2004年『オー・スッパ』(講談社)で日本絵本賞

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: 3ki 投稿日:2013/08/04

どんぐりの背比べ、わたしたちもしているよね。

山ねこから、裁判に立ち会うよう求めるはがきが来た一郎。
森へと出かけていく。
方々尋ねて辿り着いたそこでは、どんぐりたちが誰がいちばん偉いかを争っている。

とがっているものだ。
まるいのだ。
大きなことだ。
背の高さだ。

わいわいわい。
口々にどんぐりの背比べをする。
一郎が発した言葉にどんぐりは……。


どんぐりたちの争いを見ていて思い出す。
昨日見たテレビ番組で「世界一美人の多い国」といっていた。
美人なんて、その人それぞれの考え方だから、文化に左右されるから、「多い国」って決められるものではないだろう、とちょっと反発心を覚えたのを思い出す。
スタイルがすらっとしてること?
お尻が大きいことが美人の条件の国もある。
鼻が高いこと?
あごが未発達の結果だし、そもそも平たい顔族は美人じゃないのか?
色白に金髪って事?
黒髪、黒い肌、黒い瞳、素敵です!
どんぐりたちをバカだなあ、と笑える人って、そういないはずだよね。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング