pagetop

本 初期発生の遺伝子コントロール ほ乳類の着床前期胚の発生

ほしい!に追加 twitter
本-初期発生の遺伝子コントロール ほ乳類の着床前期胚の発生
著者: 山田雅保 (著)
定価 ¥2,808(税込)
BOOKFANポイント: 130 pt
or
Tポイント: 78 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 朝倉書店
シリーズ名 シリーズ応用動物科学/バイオサイエンス 7
発行年月 2004年 09月
ISBNコード 9784254176674
版型 --
ページ数 104P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

山田雅保 OFF

内容紹介

最近の発生工学技術の目覚ましい進歩によって、人為的に遺伝的コントロールされた動物の創出が多数報告されるようになり、現在、家畜として優れた遺伝形質を持つ動物の効率的生産のみならず、動物生産技術の一大革命が起こり始めている。
このような技術は、着床前期の胚の潜在能力を利用することによって開発されている。
従って、この時期の胚の能力を最大限に利用あるいは支配することによって、これまでの技術を改良し、さらに新たな技術を開発するために、発生現象の遺伝子コントロールを明らかにし、理解することが重要となっている。
また、分子遺伝学的手法の目覚ましい進歩から、着床前期胚の発生の遺伝子コントロールについて多くのことが実験的に明らかにされている。
このようなことから、本書では、ほ乳類における着床前期の胚盤胞期までの胚発生の基本的事柄に重点が置かれている。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

胚性ゲノムの活性化/胚性ゲノムの形成/クロマチン構造変化と胚性ゲノム/細胞周期の役割/DNAメチル化の動的変化/細胞質因子の動的変化/mRNAのリクルートと翻訳調節/核移植/胚性ゲノムの活性化機構/着床前期胚の遺伝子調節機構/初期の卵割と調節遺伝子/8細胞期以降への発生と細胞間接着/胚盤胞形成と細胞分化/胚の生存性と形態形成

著者情報

山田 雅保
1953年愛知県に生まれる。1978年岡山大学大学院農学研究科修士課程修了。医療法人創和会重井医学研究所研究員。1992年京都大学農学部助教授。現在、京都大学大学院農学研究科助教授。医学博士

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ