pagetop

本 古墳文化の成立と社会

ほしい!に追加 twitter
本-古墳文化の成立と社会
著者: 今尾文昭 (著)
定価 ¥9,180(税込)
BOOKFANポイント: 425 pt
or
Tポイント: 255 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 青木書店
シリーズ名 古代日本の陵墓と古墳 1
発行年月 2009年 11月
ISBNコード 9784250209161
版型 --
ページ数 575,15P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

今尾文昭 OFF

内容紹介

前方後円墳の出現が社会にもたらしたものとは。
画一性・統一性を指向し全国規模で造営された前方後円墳。
その墳形・棺槨・葬送儀礼・副葬品の内容を詳細に分析・復元し、古墳時代の政治・経済・文化の実像に迫る。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 古墳文化の地域的特性―奈良盆地(奈良盆地における前期前方後円墳の動態/諸王の割拠―大和・柳本古墳群の構造分析/高地・丘陵・低地の前期古墳と地域性/奈良盆地南西部の古式土師器―太田遺跡における様式予察)/第2部 墳頂部儀礼の成立と棺槨(大形前方後円墳の墳頂平坦面―儀礼空間の整備と変遷/古墳祭祀の画一性と非画一性―前期古墳の副葬品配列から考える/前期古墳の副葬品配列―検討と課題/古墳時代竪穴式槨成立の意義/前期古墳木棺形態の二、三/長持形石棺への収斂/燈籠山古墳埴質枕にともなう棺―伝中山大塚古墳出土資料の再検討)/第3部 鉄刀剣・鉄鏃・腕輪形石製品副葬の背景(素環頭鉄刀考/中平紀年銘大刀をめぐる問題―東大寺山古墳出土三葉環頭大刀の系譜/前期古墳副葬鏃の変化/奈良盆地の石釧と車輪石―類型と傾向/奈良盆地の腕輪型石製品―動向と課題)/第4部 銅鏡副葬の諸様相(銅鏡副葬における諸様相の変化/行燈山古墳出土銅板と大型〓(ほう)製鏡/銅鏡図像小考三題/弩機銘文にあらわれた魏と呉―生産機構・所有形態、また銅鏡生産との関係性)

著者情報

今尾 文昭
1955年兵庫県尼崎市生まれ。1974年同志社高等学校卒業。1978年同志社大学文学部文化学科文化史学専攻卒業。現在、奈良県立橿原考古学研究所総括研究員、博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ