pagetop

本 迫りくる大暴落と戦争“刺激”経済(ウォー・ブースト・エコノミー)

ほしい!に追加 twitter
本-迫りくる大暴落と戦争“刺激”経済(ウォー・ブースト・エコノミー)
著者: 副島隆彦 (著)
定価 ¥1,728(税込)
BOOKFANポイント: 16 pt
or
Tポイント: 16 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
徳間書店
発行年月
2018年 05月
ISBNコード
9784198646110
版型
127×188mm
ページ数
279P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

副島隆彦 OFF

内容紹介

これから暴落が何度も市場を襲う。
トランプは戦争刺激経済で無理やり経済を押し上げるが、ドル支配体制の崩壊は免れないだろう

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 緩和バブルとともに沈みゆくドル(パウエル新FRB議長はがむしゃらに利上げする/NYダウの暴落で「適温相場」の嘘がバレた ほか)/第2章 戦争“刺激”経済しかなくなった(“第二次”朝鮮戦争が起きる/米軍の北朝鮮への爆撃は6月にある ほか)/第3章 金融市場で何が起きているのか(史上最大の大暴落のきっかけはフラッシュ・クラッシュだった/中国がシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の買収に動き始めた ほか)/第4章 世界経済における巨大なマネーの秘密(複利で爆発的にお金が増えるのが資本主義だ!/利子こそが資本主義を回転させるエンジンである ほか)/第5章 経済学は死んでしまった(アメリカがヨーロッパ500年に挑戦したのが行動科学/株で儲かった喜びよりも、大損する恐怖を重視 ほか)

うれしい全品送料無料♪全商品1%ポイント還元!
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ