pagetop

本 ポリッセーナの冒険

ほしい!に追加 twitter
本-ポリッセーナの冒険
著者: ビアンカ・ピッツォルノ (著)
クェンティン・ブレイク (画)
長野徹 (訳)
定価 ¥2,160(税込)
BOOKFANポイント: 100 pt
or
Tポイント: 60 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 徳間書店
発行年月 2004年 11月
ISBNコード 9784198619534
版型 --
ページ数 462P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ビアンカ・ピッツォルノ OFF
クェンティン・ブレイク OFF
長野徹 OFF

内容紹介

ポリッセーナは、イタリアの町に住む女の子。
しかられるたびに、「ほんとうのお父さんやお母さんなら、怒るわけないわ。
わたしの親はべつにいるのよ。
王さまか、お金持ちの高い身分の人にちがいない…」と空想をふくらませています。
そんなある日、ポリッセーナは自分がほんとうにもらい子だったことを知ってしまいます。
家をとびだしたポリッセーナは、動物曲芸団をひきいるルクレチアに助けてもらいながら、両親をさがす旅に出るのですが…さいごまで、はらはらどきどき、本を読むおもしろさがたっぷり味わえる、たのしい冒険ものがたり!小学校低・中学年~。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

著者情報

ビアンカ・ピッツォルノ
1942年イタリアのサルデーニャ島生まれ。大学で古典文学、考古学、映画理論を学ぶ。1970年よりイタリア国営放送にて子ども番組の制作にたずさわるかたわら、子どものための本を書き始める。77年には放送局を退職し、創作活動に専念するようになる。その作品は写実的なものから空想的なものまで、対象年齢も小学校低学年からヤングアダルトまで、幅広い。「子どものために本を書く者は、なによりもまず、子どもたちを知らなくてはならない。そして、できるならば子どもたちの側に立たなければならない」と語る
長野 徹
1962年山口県に生まれる。東京大学文学部卒業。同大学院博士課程修了(イタリア文学専攻)。1995年~96年イタリア政府給費留学生としてパドヴァ大学文学部に留学。現在はイタリア文学の研究、紹介に従事している

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ