pagetop

本 まほろ駅前番外地

ほしい!に追加 twitter
本-まほろ駅前番外地
著者: 三浦しをん (著)
定価 ¥615(税込)
BOOKFANポイント: 5 pt
or
Tポイント: 5 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
文藝春秋
シリーズ名
文春文庫 み36-2
発行年月
2012年 10月
ISBNコード
9784167761028
版型
--
ページ数
299P
平均評価
(3.5)
: 0件
: 1件
: 1件
: 0件
: 0件
ブクレポ
2件

新刊お知らせ登録一覧へ »

三浦しをん OFF

内容紹介

東京都南西部最大の町・まほろ市の駅前で便利屋を営む多田と、高校時代の同級生・行天。
汚部屋清掃、老人の見舞い、庭掃除に遺品整理、子守も料理も承ります―。
多田・行天の物語とともに、前作でお馴染みの星、曽根田のばあちゃん、由良、岡老人の細君が主人公となるスピンアウトストーリー七編を収録。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

ブクレポ (レビュー)

ニックネーム: ta49706 投稿日:2013/01/11

一作目よりも切れがあり、人物描写が丁寧で ...

一作目よりも切れがあり、人物描写が丁寧で面白いと感じた。バスが間引き運転しているから調査しろという岡老人、息子の代わりにお見舞いに行く曽根田のおばあちゃんのロマンスなど、様々な環境の人達を暖かく描かれている。そして、行天と多田、そして由良公の掛け合いが楽しい。

ニックネーム: p*m 投稿日:2012/11/27

ドラマ化もされるらしい。

「番外地」というくらいで前作のスピンオフって言うかサイドストーリー的な短編集な訳ですが、時間軸的にもしっかりハナシが進展していったし今後の展開に色々期待してしまいます。面白かったです。

そう言えば前作を楽しく読んだのは間違いないのにビミョーにアレコレ忘れていたのでもう一度引っ張り出してきて再読しました。続けて読むとキャラ達のイメージがちょっとずつ違ってきてそれもまた興味深かったかも。星君が毎晩日記つけてるとか笑えるしv
曾根田のばあちゃんが語る「劇中劇」(?)も良かったし。

それにしてもこの表紙…持ち歩きはカバーするからいいけど(笑)
映画にドラマに、キャライメージはこの二人で決定、なのでしょうかねぇ(一作目の解説には確か「中年男」と書いてあった気がするけど笑)。映画は見てませんが来年のドラマは見てみようかな。
うれしい全品送料無料♪全商品1%ポイント還元!
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ