pagetop

本 ガセネッタ&(と)シモネッタ

ほしい!に追加 twitter
本-ガセネッタ&(と)シモネッタ
著者: 米原万里 (著)
定価 ¥648(税込)
BOOKFANポイント: 30 pt
or
Tポイント: 18 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 文藝春秋
シリーズ名 文春文庫
発行年月 2003年 06月
ISBNコード 9784167671013
版型 --
ページ数 315P
平均評価
(4.5)
: 1件
: 2件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

米原万里 OFF

内容紹介

国際会議に欠かせない同時通訳。
誤訳は致命的な結果を引き起こすこともあり、通訳のストレスたるや想像を絶する…ゆえに、ダジャレや下ネタが大好きな人種なのである、というのが本書の大前提。
「シツラクエン」や「フンドシ」にまつわるジョークはいかに訳すべきかをはじめ、抱腹絶倒な通訳稼業の舞台裏を暴いたエッセイ集。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

ガセネッタ・ダジャーレとシモネッタ・ドッジ/三つのお願い/出会い頭の挨拶にはご用心/シリーズ化という病/偶然か必然か当然か/なぜ、よりによって外出時に/フンドシチラリ/開け、胡麻!/京のぶぶづけとイタリア男/メゾフォルテが一番簡単〔ほか〕

著者情報

米原 万里
1950年生まれ。ロシア語会議通訳、エッセイスト。59~64年、在プラハ・ソビエト学校に学ぶ。東京外国語大学ロシア語科卒業。東京大学大学院露語露文学修士課程修了。80年設立のロシア語通訳協会の初代事務局長を務め、95~97年会長。92年、報道の速報性に貢献したとして、日本女性放送者懇談会賞を受賞した。著書『不実な美女か貞淑な醜女か』(徳間書店、新潮文庫)で読売文学賞受賞、『魔女の1ダース』(読売新聞社、新潮文庫)で講談社エッセイ賞受賞、『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』(角川書店)で大宅壮一ノンフィクション賞受賞

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


すえずえ

畠中恵(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


ランキング一覧へ