pagetop

本 グロテスク 下

ほしい!に追加 twitter
本-グロテスク 下
著者: 桐野夏生 (著)
定価 ¥723(税込)
BOOKFANポイント: 33 pt
or
Tポイント: 20 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
文藝春秋
シリーズ名
文春文庫 き19-10
発行年月
2006年 09月
ISBNコード
9784167602109
版型
--
ページ数
453P
平均評価
(4)
: 3件
: 4件
: 2件
: 0件
: 1件
ブクレポ
2件

新刊お知らせ登録一覧へ »

グロテスク OFF
桐野夏生 OFF

内容紹介

就職先の一流企業でも挫折感を味わった和恵は、夜の女として渋谷の街角に立つようになる。
そこでひたすらに男を求め続けて娼婦に身を落としたユリコと再会する。
「今に怪物を愛でる男が現れる。
きっと、そいつはあたしたちを殺すわよ」。
“怪物”へと変貌し、輝きを放ちながら破滅へと突き進む、女たちの魂の軌跡。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

書籍一覧 > グロテスク

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: しおね 投稿日:2012/09/18

こんなに消耗する本は初めてです。。。

「はぁ・・・疲れた・・・」とこんなに思った本は初めて
かもしれません。
読むだけでとても消耗しました。。。

上巻からすぐに下巻へ突入したのですが、冒頭のチャンの
上申書の所でややトーンダウン。読むのに時間がかかって
しまいました。
私の好みでしょうが、この部分はこんなに詳細に書いて貰わ
なくても良かったなと思います。
あくまで女たちの心情を読んでいたかったです。

和恵の日記は凄まじかったです・・・
努力は報われる事を信じてものすごく頑張って生きてきたのに、
壊れ出すとこんなにもあっけなく壊れていくものなのか・・・
周囲からは狂ったようにしか見えないが、本人はやっと解放
されたのだと思っている。そのギャップがとても怖い。

格差・差別社会の現実をここまでモロに描き出すこの作品。
努力だけではどうにもならない事もある。
その中でどう折り合いをつけて生きていくのか。
そのような事を考え、この社会で「普通に」生きる為にもこの本
を読むのをお勧めしたい!
でも中々人にお勧めしづらい作品ですが(笑)

女性として生まれた事でつきまとう格差や差別。
女性なら誰もが多かれ少なかれ味わった事があるのではないで
しょうか。
自分の中にも「怪物」は居て、いつ表に出て来てもおかしくない。
そんな印象を持ってしまいます。

ニックネーム: あい 投稿日:2012/02/22

とにかく怖い

何度読んでも、怖い。

悪意や嫉妬や僻みや、人間のありとあらゆる汚い部分が露呈され、ひたすら救いがない。

それなのに、何度も読んでしまう。

汚い部分を見せつけられて、可哀相、こうはなりたくない、と優越感に浸れるから?

でも、優越感に浸る隙なんて全くありません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
最高3,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
特集一覧へ
ジャンルランキング