pagetop

本 清貧の思想

ほしい!に追加 twitter
本-清貧の思想
著者: 中野孝次 (著)
定価 ¥745(税込)
BOOKFANポイント: 6 pt
or
Tポイント: 6 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
文藝春秋
シリーズ名
文春文庫
発行年月
1996年 11月
ISBNコード
9784167523039
版型
--
ページ数
269P
平均評価
(4)
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

中野孝次 OFF

ブクレポ (レビュー)

ニックネーム: にくぺんぎん 投稿日:2011/03/26

▲『されば、人、死を憎まば、生…

▲『されば、人、死を憎まば、生を愛すべし。存命の喜び、日々に楽しまざらんや。』

「清貧」という言葉や概念が注目を浴びているのでお勉強。
はっきり言って、私は俳句や詩、古典には疎いので著者の言わんとしていることの半分も読み取れなかったかもしれない。また月日が流れた時に再度読むべき本なのかなと思う。

24章まであり、22章から引用なしの著者の主張が始まる。
現代の人間が改めて清貧という概念を理解するには21章分の前置きと伝統の話が必要ということなのかと感じる。

▲『清貧』ってなに?

現在の私の結論としては『清貧』は確かに日本人の一側面であるが、全てではないということ。
誰かに強制されてやることは『清貧』ではなく、自ら進んですることこそ『清貧』なのではないかと思う。
うれしい全品送料無料♪全商品1%ポイント還元!
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

『日本国紀』の副読本 学校が教えない日本史

百田尚樹、有本香


ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 14

大森藤ノ(著)


未だ行ならず 上

佐伯泰英(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ