pagetop

本 それからどうなる

ほしい!に追加 twitter
本-それからどうなる
著者: 佐藤愛子 (著)
定価 ¥514(税込)
BOOKFANポイント: 23 pt
or
Tポイント: 14 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 文藝春秋
シリーズ名 文春文庫 さ18-12 我が老後 5
発行年月 2006年 08月
ISBNコード 9784167450120
版型 --
ページ数 273P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

佐藤愛子 OFF

内容紹介

齢八十を前にホテルで昏睡。
「佐藤愛子、しっかりしろ!」と自らに気合を入れ、直立不動の見事な昏倒であった。
以来、血圧測定が日課となるも、高低激しく、いったいどの数値が正しいのか。
血圧計に対してもムラムラと…。
長生きがそんなにめでてえか、と呟く。
穏やかなる老後とはいまだ無縁、痛快無比の大好評エッセイ第5弾。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

怒涛のはじまり/幸せとは何ぞや/イジワルばあさんの記/孤島のたたずまい/へとへとサッカー/おしゃべり考/花の時期/春来る/今様浦島/猿山のボス/阿呆の憤り/阿呆ひとりぼっち/我が性かなし/夢かうつつか幻か/我が嘆き―今は亡き川上宗薫を偲ぶ/半生傘寿/しゃッ面考/面白中毒/まだ死にそうにない

著者情報

佐藤 愛子
大正12(1923)年大阪生まれ。甲南高女卒業。戦後、「文芸首都」の同人となり、小説を書き始める。昭和44年「戦いすんで日が暮れて」で第61回直木賞を、昭和54年「幸福の絵」で第18回女流文学賞を受賞。ユーモアにいろどられた世相風刺と、人生の哀歓を描く小説やエッセイは多くの読者のこころをつかむ。父の作家・佐藤紅緑、異母兄のサトウハチローを始め、佐藤家の人々の凄絶な生の姿を描いた大河小説「血脈」の完成により、平成12年第48回菊池寛賞を受けた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


そして生活はつづく

星野源(著)


ランキング一覧へ