pagetop

本 うつくしい子ども

ほしい!に追加 twitter
本-うつくしい子ども
著者: 石田衣良 (著)
定価 ¥545(税込)
BOOKFANポイント: 25 pt
or
Tポイント: 15 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
文藝春秋
シリーズ名
文春文庫
発行年月
2001年 12月
ISBNコード
9784167174057
版型
--
ページ数
285P
平均評価
(4)
: 2件
: 1件
: 3件
: 1件
: 0件
ブクレポ
2件

新刊お知らせ登録一覧へ »

石田衣良 OFF

内容紹介

緑豊かなニュータウンを騒然とさせた九歳の少女の殺人事件。
犯人として補導されたのは、ぼくの十三歳の弟だった!崩壊する家族、変質する地域社会、沈黙を守る学校…。
殺人者のこころの深部と真実を求めて、十四歳の兄は調査を始める。
少年の孤独な闘いと成長を痛ましくもみずみずしく描く、感動のミステリー。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

著者情報

石田 衣良
1960年、東京生まれ。成蹊大学経済学部卒業、広告制作会社を転々とした後フリーランスのコピーライターに。97年9月、「池袋ウエストゲートパーク」で第36回オール読物推理小説新人賞を受賞。生き生きとした語り口と現在を映しだすエッジの鋭さが高い評価を受けた。受賞作に続篇3篇を加えた『池袋ウエストゲートパーク』でデビュー

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: ゆず茶 投稿日:2011/01/24

~あらしじ~\n緑豊かなニュータ…

~あらしじ~
緑豊かなニュータウンを騒然とさせた九歳の少女の殺人事件。
犯人として補導されたのは、ぼくの十三歳の弟だった!崩壊する家族、
変質する地域社会、沈黙を守る学校…。殺人者のこころの深部と真実を求めて、十四歳の兄は調査を始める。
少年の孤独な闘いと成長を痛ましくもみずみずしく描く、感動のミステリー。

ニックネーム: Aoki 投稿日:2010/04/10

結末が腑に落ちないって感想が結…

結末が腑に落ちないって感想が結構ある作品。加害者家族の視点で書かれてはいるのだが、一つの事件にあって加害者も被害者もそれを取り巻く様々な人たちそれぞれに苦しみや哀しみがどっしりとのしかかるのです。皆わかっている事なのに毎日のように繰り返されるのはどうしてなのだろうか? 「大人になること。 正しさの基準を外側にではなく自分自身の中に据えること。」深く考えるべき一文である。正しさの基準を決して下げてはいけない。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

リバース

湊かなえ(著)


日本の近代とは何であったか 問題史的考察

三谷太一郎(著)


捨てられる銀行 2

橋本卓典(著)


ランキング一覧へ