pagetop

本 光と影 新装版

ほしい!に追加 twitter
本-光と影 新装版
著者: 渡辺淳一 (著)
定価 ¥615(税込)
BOOKFANポイント: 28 pt
or
Tポイント: 17 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
文藝春秋
シリーズ名
文春文庫 わ1-26
発行年月
2008年 02月
ISBNコード
9784167145262
版型
--
ページ数
267P
平均評価
(3)
: 0件
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

渡辺淳一 OFF

内容紹介

西南戦争で共に腕を負傷した同期の大尉二人。
病院で一人は腕を切断され、もう一人は、軍医の気まぐれから切らずに治療することになる。
これがその後の二人の進路を大きく隔てることになった。
運命の残酷を描く直木賞受賞作「光と影」のほか、初期の医学ものの傑作「宣告」「猿の抵抗」「薔薇連想」を収録。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

著者情報

渡辺 淳一
昭和8(1933)年、北海道生まれ。札幌医科大学医学部卒業。元同大学整形外科学教室講師。医学博士。45年7月「光と影」で第63回直木賞を受賞。55年「遠き落日」「長崎ロシア遊女館」で第14回吉川英治文学賞を受賞。平成15年、第51回菊池寛賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: hi2515 投稿日:2010/05/09

芥川賞を受賞した彼の代表作と…

芥川賞を受賞した彼の代表作とも言える作品だと思います。

医者としての鋭い視点も光りますし、人生の先輩としてのどうしても割り切れない運命の光と影を巧みな形で表現しています。

それにしても、軍医の気まぐれで同じ程度の傷病兵二人がかたや腕を切断され、もう一方では腕を斬り落とされずに済み、切断された青年は自暴自棄となり廃人に化してしまう。

一方、腕を残された青年は不自由ながらも出世の道を辿ってゆくと言う内容なのですが、何だか人生のやるせなさを感じてしまいました。

運命のいたずらと簡単には割り切れないもどかしさがのこりました。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
最高3,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

虚ろな十字架

東野圭吾(著)


リバース

湊かなえ(著)


あなたの人生の物語

テッド・チャン(著)


ランキング一覧へ