pagetop

本 松本清張傑作短篇コレクション 下

ほしい!に追加 twitter
本-松本清張傑作短篇コレクション 下
著者: 松本清張 (著)
宮部みゆき (編)
定価 ¥720(税込)
BOOKFANポイント: 33 pt
or
Tポイント: 20 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
文藝春秋
シリーズ名
文春文庫
発行年月
2004年 11月
ISBNコード
9784167106966
版型
--
ページ数
462P
平均評価
(5)
: 1件
: 0件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

松本清張傑作短篇コレクション OFF
松本清張 OFF
宮部みゆき OFF

内容紹介

清張の傑作短篇を宮部みゆきが選ぶシリーズ最終巻。
昭和史の謎に精力的に取り組んだ清張が、権力に翻弄される人間を描いた「帝銀事件の謎」「鴉」や、絶妙なタイトルとストーリーの傑作「支払い過ぎた縁談」「生けるパスカル」「骨壷の風景」。
さらに横山秀夫ら松本清張賞受賞作家が推薦する名作「西郷札」「火の記憶」「菊枕」も収録。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

著者情報

宮部 みゆき
1960年生れ、東京・深川育ち。「我らが隣人の犯罪」でオール読物推理小説新人賞を受賞。「魔術はささやく」で日本推理サスペンス大賞、「龍は眠る」で日本推理作家協会賞、「本所深川ふしぎ草紙」で吉川英治文学新人賞、「火車」で山本周五郎賞、「蒲生邸事件」で日本SF大賞を受賞。「理由」で第120回直木賞を受賞する
松本 清張
1909年福岡県企救郡板櫃村(現・北九州市)に生れる。53年「或る『小倉日記』伝」で第28回芥川賞を受賞。56年、朝日新聞社広告部を退職し、作家生活に入る。67年吉川英治文学賞、70年菊池寛賞、90年朝日賞受賞。92年死去

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: アーミー 投稿日:2016/02/13

ラストはやはり「記者の眼」で

宮部さんによる松本清張傑作短編集最終巻。
今回のコンセプトは・・・
ズバリ、「作家松本清張の書きたかったもの」という気がします。

「タイトルの妙」という章に納められた3つの短編、
「支払い過ぎた縁談」「生けるパスカル」「骨壷の風景」は、
どれもタイトルを見ただけで、
その内容を想像し、早く読みたくてたまらなくなりました。
タイトルから読者の興味を引き付ける、
そんな手腕も清張さんは持っていたのかなと思うほど、
スリリングなタイトルの付け方です。

そして、次の章では、権力についての作品が並びます。
「帝銀事件の謎」・・・
昭和の事件史を清張さんがかくとこんなにもミステリアスになるのです。
実際に起こった帝国銀行での毒殺事件。
その裏にはおそるべき政府とGHQのやり取りがあり、
さらにその奥には、あの戦争時に
細菌兵器の研究に取り組んでいた731部隊の上層部の存在が
見え隠れしています。
戦後の日本において絶対の権力者だったGHQの所業を
清張さんは冷静で論理的に描き表わしていました。
まさに、「記者の眼」です。

清張作品の中には、
社会の悪を暴いた小説も少なくはないのですが、
それを出版するには、それなりの覚悟が要ったことだろうと思われます。
そうまでして清張さんが世の中に残しておきたかったもの。
それは何だったのか。
私の未熟なレポなんかよりも、
実際の原作を読んでみてくださいとね。

清張さんがまだ生きていらしたら、
現代社会を題材に、どんな小説を書いて下さるのか、
私はそちらの方に興味がわいてきました。
ミステリー小説もさることながら、
政府の胸元深くにナイフを突き立てるような
鋭い観点の社会派小説が登場するような気がしてなりません。
政界の裏・・・清張さんだからこそ描けた分野です。
今はそこまで深く取材して小説に仕上げてくれるような
大物の小説家は存在しないと思います。
つくづく、お亡くなりになったのが惜しまれます。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
いよいよ最終週!真夏のポイント50倍カーニバル!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること

河合雅司(著)


君の膵臓をたべたい

住野よる(著)


戦争と平和

百田尚樹(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ