pagetop

本 戦争の常識

ほしい!に追加 twitter
本-戦争の常識
著者: 鍛冶俊樹 (著)
定価 ¥810(税込)
BOOKFANポイント: 37 pt
or
Tポイント: 22 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 文藝春秋
シリーズ名 文春新書 426
発行年月 2005年 02月
ISBNコード 9784166604265
版型 --
ページ数 230P
平均評価
(3.5)
: 0件
: 1件
: 1件
: 0件
: 0件
ブクレポ 1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

鍛冶俊樹 OFF

内容紹介

新聞やテレビなどで戦争のニュースに接しても、自分では分かったつもりの言葉の中には、意外と理解のあやふやなものが少なくない。
本書は兵器の解説のみならず、軍隊の仕組みや兵制、作戦など、戦争に関わるすべての分野の基本用語を、アフガニスタン戦争やイラク戦争などの具体的な現代史も踏まえて分かりやすく解説する。
どこから読んでも役に立ち、ニュースを見る目が違ってくる。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 国防の常識/2 軍隊の常識/3 兵隊の常識/4 陸軍の常識/5 海軍の常識/6 空軍の常識/7 現代戦の常識/8 自衛隊の常識

著者情報

鍛冶 俊樹
1957年、広島県生まれ。軍事ジャーナリスト。83年、埼玉大学教養学部卒業後、航空自衛隊に幹部候補生として入隊。情報通信関係の将校として十年間の勤務を経て一等空尉にて退職、評論活動に入る。95年、「日本の安全保障の現在と未来」で第一回読売論壇新人賞佳作に入選

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: 牧村蓋世 投稿日:2013/12/21

国防意識を高める第一歩として!

冷戦が終結し大国同士による全面戦争の危機は影を潜めたと言っても、世界各地では民族同士の地域紛争や宗教絡みのテロ行為、また尖閣諸島をはじめとする局地的な係争など、戦争の火種はいまも消えることがない。こうした世界情勢を伝えるテレビや新聞などからは、駆逐艦、戦闘機、自走砲、領空、領海、一個師団、大隊、中… >>続きを読む
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
Yahoo!ウォレット利用開始記念 Tポイント・今だけ最大5%!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

海賊王と開かずの《門》

茅田砂胡(著)


中学生からの作文技術

本多勝一(著)


小説君の名は。

新海誠(著)


ランキング一覧へ