pagetop

本 学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書くまで

ほしい!に追加 twitter
本-学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書くまで
著者: 岡田麿里 (著)
定価 ¥1,512(税込)
BOOKFANポイント: 70 pt
or
Tポイント: 42 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
文藝春秋
発行年月
2017年 04月
ISBNコード
9784163906324
版型
127×188mm
ページ数
253P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

岡田麿里 OFF

内容紹介

「あの日みた花の名前を僕達はまだ知らない。
」 「心が叫びたがってるんだ。
」 ひきこもりだったじんたんと、幼少期のトラウマで声が出なくなった成瀬順。
二人を主人公にした二本のアニメは、日本中の心を揺さぶり、舞台となった秩父は 全国からファンが訪れるアニメの聖地となった。
実は、そのアニメの脚本を書いた岡田麿里自身が 小学校で学校に行けなくなっていたのです。
これは、母親と二人きりの長い長い時間をすごし そして「お話」に出会い、やがて秩父から「外の世界」に出て行った岡田の初めての自伝。
プロローグ 心が叫びたがっていたんだ。
『心が叫びたがってるんだ。
』は、私の故郷、秩父を舞台にしている。
その秩父での先行上映会。
機材トラブルで途中で上映が止まるというパニックの中、私は、あの頃と何も変わっていない自分に気がついた。
第一章 学校のなかの居場所 小さいころから思ったことが言えない子だった。
小学校に入学すると、苛められた。
いじめっ子の背景には夕暮れに黒々とうかびあがる秩父の山々があった。
それはでっかい檻のように見えた。
第二章 誰に挨拶したらいいかわからない 陽子は私と同じ愚鈍なのに皆から好かれていた。
宮沢賢治の詩のように無私だったのだ。
そういうキャラにならなくては。
そう努力していたある朝の教室で、私は誰に挨拶したらいいかわからなくなってしまった。
、第三章 一日、一日が消えていく 学校に行けなくなった私は、食うか、寝るか、ゲームをするか、本を読むかの日々を過ごしていた。
母親はそんな私を恥じた。
志賀直哉の「暗夜行路」を読んでいると「消日」という言葉があった。
私のことだ。
第四章 行事のための準備運動 アニメ『あの花』でずっと学校を休んでいたじんたんが外に出るシーンがある。
ドア前で近所の人の声が聞こえ、躊躇する。
これは、私が学校行事のために、久しぶりに外に出るXデーをモデルにしている。
ほか

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ