pagetop

本 コンビニ人間

ほしい!に追加 twitter
本-コンビニ人間
著者: 村田沙耶香 (著)
定価 ¥1,404(税込)
BOOKFANポイント: 65 pt
or
Tポイント: 39 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
文藝春秋
発行年月
2016年 07月
ISBNコード
9784163906188
版型
127×188mm
ページ数
151P
平均評価
(4)
: 0件
: 3件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ
2件

新刊お知らせ登録一覧へ »

村田沙耶香 OFF

この商品について

第155回芥川賞受賞作

内容紹介

36歳未婚女性、古倉恵子。
大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。
これまで彼氏なし。
日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。
ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、そんなコンビニ的生き方は恥ずかしいと突きつけられるが…。
「普通」とは何か?現代の実存を軽やかに問う衝撃作。
第155回芥川賞受賞。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: こたろう 投稿日:2016/11/26

社会の「部品」になりたがる人

遅ればせながら、芥川賞受賞作品「コンビニ人間」を読み終えました。
複雑な読後感が残りました。
まーちさんが書かれているように、とても読みやすいです。独善的でも独りよがりでもなく、読者が共有できる言葉で作品世界が作り上げられています。当たり前のことではあるのですが、最近の「文学」と称する一部の作品はそ… >>続きを読む

ニックネーム: まーち 投稿日:2016/08/06

“普通”と見られるための苦痛

古倉恵子は、“普通”の人たちから見たら、理解できない子どもだった。公園で死んでいる小鳥を見つければ、「これ、食べよう」と言い出す。恵子は、父親は、焼き鳥が好物だし、自分と妹は、唐揚げが大好きなのだから、喜ぶと思ったのである。
小学校で、男子がけんかを始め、「誰か止めて」という声が聞こえれば、用具入れの… >>続きを読む
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

九十歳。何がめでたい

佐藤愛子(著)


騎士団長殺し 第2部

村上春樹(著)


騎士団長殺し 第1部

村上春樹(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ