pagetop

本 マルガリータ

ほしい!に追加 twitter
本-マルガリータ
著者: 村木嵐 (著)
定価 ¥1,620(税込)
BOOKFANポイント: 75 pt
or
Tポイント: 45 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
文藝春秋
発行年月
2010年 06月
ISBNコード
9784163295107
版型
--
ページ数
299P
平均評価
(4)
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

村木嵐 OFF

この商品について

1582年(本能寺の変の少し前)にローマに派遣された4人の少年(天正遣欧少年使節)の中の、裏切り者とされているミゲルの物語です。キリシタンとしてローマまで行った彼が、なぜキリスト教を離れたのか?が描かれており、歴史を知らない人にも物語として面白いお話です。

内容紹介

戦国末、ローマに派遣された天正遣欧少年使節。
八年後に帰国した彼らを待っていたのは「禁教」だった。
四人の内、ある者は道半ばで倒れ、国外に追放され、拷問の中で殉教する。
だが、千々石ミゲルだけは信仰を捨てた。
切支丹の憎悪を一身に受けながら、彼は何のために生きようとしたのか?ミゲルの苦悩の生涯を、妻「珠」の目から描く傑作。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: クロニスタ 投稿日:2011/06/23

若桑みどりの名著『クワトロ・…

若桑みどりの名著『クワトロ・ラガッツィ』読んだ後、読みはじめました。

信長による天下統一への道が着々と進む中、九州のキリシタン大名によってローマに派遣された天正遣欧少年使節。帰国後、その中で千々石ミゲルだけが棄教してしまいます。信仰心の篤い彼に棄教を決断させたものは何だったのか。

中盤までは主人公にあまり大きな動きはなく退屈な展開ですが、徐々にキリシタン弾圧への動きが激しくなるなかで、登場人物たちの行動も葛藤も増していきます。

ネタバレになるので詳しくは書けませんが、ラストは序盤の退屈さを払しょくする、感動的なものでした。

でもこのラストが待っているなら、中盤ももっと書きこむべきだったんじゃないかと思います。

作者の若さが出てしまっています。惜しい!
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング