pagetop

本 さよなら、愛しい人

ほしい!に追加 twitter
本-さよなら、愛しい人
著者: レイモンド・チャンドラー (著)
村上春樹 (訳)
定価 ¥1,836(税込)
BOOKFANポイント: 85 pt
or
Tポイント: 51 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
早川書房
発行年月
2009年 04月
ISBNコード
9784152090232
版型
--
ページ数
375P
平均評価
(4)
: 0件
: 2件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

レイモンド・チャンドラー OFF
村上春樹 OFF

内容紹介

刑務所から出所したばかりの大男、へら鹿(ムース)マロイは、八年前に別れた恋人ヴェルマを探しに黒人街の酒場にやってきた。
しかし、そこで激情に駆られ殺人を犯してしまう。
偶然、現場に居合わせた私立探偵フィリップ・マーロウは、行方をくらましたマロイと女を探して紫煙たちこめる夜の酒場をさまよう。
狂おしいほど一途な愛を待ち受ける哀しい結末とは?読書界に旋風を巻き起こした『ロング・グッドバイ』につづき、チャンドラーの代表作『さらば愛しき女よ』を村上春樹が新訳した話題作。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: こたろう 投稿日:2014/10/04

題名は清水俊二訳の「さらば愛しき人よ」のほうが印象的なのですが

あくまで題名の印象についてです。どちらかと言えば「さらば愛しき人よ」のほうが格好がいいような。
村上訳は清水さんがあえて省略した文もすべて訳した翻訳となっています。その分、描写は長く、時として散漫な印象を受ける場面もあります、がそれがチャンドラーなのだなと納得しました。


マーロウというタフで行動的な私立探偵が主人公です。数々の名セリフだけが独り立ちしている感もありますが、ハードボイルドの代表選手です。


「タフでなければ生きていけない。
優しくなければ生きていく資格がない。」
いまでは手垢がたっぷりとついている気がしますが、でも彼の皮肉っぽいせりふはやっぱり恰好がいんですね。


ストーリーは内容紹介にあるように大男がわかれた女性を探しに来て黒人専用に変わっていた酒場で人を殺してしまいます。その場に居合わせたマーロウはなぜか大男マロイが気になってしまいます。そしてマロイの探していた女の行方もあわせて追ううちに、自身も事件に巻き込まれてしまいます。
仕事の依頼と思ってついていった場所では後頭部を殴られます。
怪しげな占い師を訪ねていって、やはりブラックジャックで殴られ気を失っている間に、麻薬や自白剤をうたれもぐりの医師のサンドバーグの医院で目を覚まします。フラフラしながら脱出をはかるタフネス。
つぎつぎと起こっていく出来事が次第に一本のストーリーにまとまっていって、マロイがマーロウのもとを訪れます。


例によって決してわかりやすいストーリーではありません。もともと発表されていた三本の短編を繋ぎ合わせて執筆されたそうです。ストーリーはあちこちに彷徨い、比喩や皮肉な言い回しなど、場面場面が印象的な分、物語はわかりにくいものになっています。


ですが個性的で簡潔な言い回しを積み重ねていく文章は、多くの作家に影響を与えただけのことはある(村上春樹氏もそのひとりですが)読み応えのあるものです。
ストーリー云々は置いておいて、その言い回しを味わうだけでも、楽しいのだと思います。


マロイの最後や追い求めていた女性のけっして褒められない生き方も含めて、哀切で印象深い人物として記憶に残ります。
沖合の賭博船に乗り移るアクションシーンの手引きをするレッドという元警官の大男や怪しげな占い師の用心棒のインディアン(ひどい体臭の)など、印象的な脇役が多く出てきて、それが必ずしも物語の展開に関わっていないのもチャンドラーらしいなと、すべて許せるような気になってきます。


それもこれもフィリップ・マーロウという男が魅力的だからだと思います。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
最高3,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
特集一覧へ
ジャンルランキング
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ