pagetop

本 憎悪の世紀 なぜ20世紀は世界的殺戮の場となったのか 上巻

ほしい!に追加 twitter
本-憎悪の世紀 なぜ20世紀は世界的殺戮の場となったのか 上巻
著者: ニーアル・ファーガソン (著)
仙名紀 (訳)
定価 ¥3,024(税込)
BOOKFANポイント: 140 pt
or
Tポイント: 84 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 早川書房
発行年月 2007年 12月
ISBNコード 9784152088833
版型 --
ページ数 476P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

憎悪の世紀 なぜ20世紀は世界的殺戮の場となったのか OFF
ニーアル・ファーガソン OFF
仙名紀 OFF

内容紹介

大規模な塹壕戦が繰り広げられた第一次世界大戦、ヨーロッパで相次いだユダヤ人虐殺、スターリンの大粛清、南京大虐殺、無差別爆撃や原爆に象徴される第二次世界大戦、中国の文化大革命、世界各地で絶え間なく発生する内戦…20世紀は史上空前の規模で殺戮が行なわれた血塗られた世紀であった。
戦争や内紛の直接の犠牲者だけでなく、それに付随する飢餓や環境悪化のために命を落とした者を含めると、延べ死者数はとんでもない数になる。
一方、民主主義や福祉の概念が浸透し、医療や科学技術が飛躍的に発達するなど、20世紀が「進歩の時代」だったことも疑いない。
だとすればなおさら、この100年に世界が殺戮の場と化した要因を突きとめておく必要がある。
ハーヴァードの気鋭の歴史学者が、世界中が同時多発的に大量殺戮に向かった状況をつぶさに検証し、地政学的なダイナミズムが人々の情動と結びつく瞬間を鋭く見定める。
既存の歴史観を問い直す挑戦的な書。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 列車の大事故(帝国と人種/オリエント急行/断層線/戦禍の広がり/諸国家の墓場)/第2部 帝国(計画経済へ/奇妙な人びと/遅れてきた帝国)

著者情報

仙名 紀
翻訳家。1936年東京生まれ。上智大学新聞学科卒。朝日新聞社で主として雑誌編集に携わったのち翻訳家に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ