pagetop

本 時の眼

ほしい!に追加 twitter
本-時の眼
著者: アーサーC.クラーク (著)
スティーヴン・バクスター (著)
中村融 (訳)
定価 ¥2,160(税込)
BOOKFANポイント: 100 pt
or
Tポイント: 60 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 早川書房
シリーズ名 海外SFノヴェルズ タイム・オデッセイ
発行年月 2006年 12月
ISBNコード 9784152087836
版型 --
ページ数 357P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

アーサーC.クラーク OFF
スティーヴン・バクスター OFF
中村融 OFF

内容紹介

2037年、国連平和維持軍の英国人ビセサ、アメリカ人ケイシー、アフガニスタン人アブディカディルは、パキスタンとアフガニスタンの国境地帯をヘリコプターで監視飛行中、ゲリラの攻撃を受け、見たこともない砦の近くに不時着する。
そこは、1885年の大英帝国領インドのジャムルド砦だった。
砦には、英国将兵のほか、アメリカ人記者ジョシュ、のちに大作家となる若き英国人記者キプリングがおり、百万年前に絶滅したはずの猿人までが捕まえられていた。
さらに、紀元前4世紀のアレクサンドロス大王の軍団が砦に迫りつつあった。
いっぽう、2037年に国際宇宙ステーションからソユーズ宇宙船で帰還中の宇宙飛行士たち、ロシア人のムーサとコーリャ、アメリカ人セーブルは、通信途絶のため地上からの支援が受けられなくなっていた。
やむをえず自力で着陸した三人が到着したのは、チンギス・ハンの支配する13世紀のモンゴルだった。
地球は恐るべき天変地異「断絶」により、200万年にわたるさまざまな時代と土地がキルトのようにつぎはぎされていた。
しかも、その異変とともに出現した無数の銀色の球体“眼”が、すべてを観察しているかのように空中に浮かんでいる。
この“眼”の正体とは…そして「断絶」はなぜ起こったのか?英国SF界の新旧ふたりの巨匠、クラークとバクスターが、『2001年宇宙の旅』に始まる「宇宙の旅」シリーズを新たな角度から描く「タイム・オデッセイ」シリーズ第一弾。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

著者情報

アーサー C.クラーク
1917年、イギリスのマインヘッド生まれ。グラマー・スクール卒業後、ロンドンで会計監査の公務員となる。第二次大戦中はイギリス空軍に所属し、除隊後はキングズ・カレッジに入学、物理学と数学を専攻した。1946年のデビュー以来、『幼年期の終り』『渇きの海』『海底牧場』などの名作を次々と発表、1973年の『宇宙のランデヴー』と1979年の『楽園の泉』はヒューゴー・ネビュラ両賞受賞をはたした
スティーヴン・バクスター
1957年、イギリスのリヴァプール生まれ。ケンブリッジ大学とサウサンプトン大学で数学と工学を学ぶ。数学と物理学の教師をするかたわら、作家活動をつづけ、1995年から専業作家となった。1987年のデビュー以来、H・G・ウエルズの名作『タイム・マシン』の公式続篇で、英米独の4賞を受賞した『タイム・シップ』など、話題作をつぎつぎと発表している
中村 融
1960年生。1984年中央大学法学部卒、英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

コンビニ人間

村田沙耶香(著)


最後の秘境東京藝大 天才たちのカオスな日常

二宮敦人(著)


掟上今日子の旅行記

西尾維新(著)


ランキング一覧へ