pagetop

本 パリは燃えているか? 下

ほしい!に追加 twitter
本-パリは燃えているか? 下
著者: ラリー・コリンズ (著)
ドミニク・ラピエール (著)
志摩隆 (訳)
定価 ¥2,484(税込)
BOOKFANポイント: 115 pt
or
Tポイント: 69 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 早川書房
シリーズ名 Hayakawa nonfiction masterpieces
発行年月 2005年 03月
ISBNコード 9784152086280
版型 --
ページ数 380P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

パリは燃えているか? OFF
ラリー・コリンズ OFF
ドミニク・ラピエール OFF
志摩隆 OFF

内容紹介

1944年8月25日のパリ解放から遡ること2週間、解放に向けて事態は急速に変化していた。
連合国軍によるドイツ軍包囲網は狭められ、フランス軍ルクレール将軍はパリへの進軍を請願していた。
ドゴールは敵の目を逃れ、フランスへの帰国を試みる。
パリ市内では抵抗運動が着々と組織され、レジスタンスが警視庁をナチスの手から奪い取り、ついに市街戦の火蓋は切って落とされた。
砲弾飛び交う中、人々は何を考え、どう戦ったか。
名も無き一市民から。
パリの命運を握るコルティッツ将軍まで、1000人にも及ぶ人物にインタビュー、米英仏独各国の軍事資料や機密文書を渉猟し、3年の歳月をかけて、スリルとサスペンスに満ちた世紀の大ドラマを再現した世界的ベストセラー。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

著者情報

ドミニク・ラピエール
1931年7月30日、フランス生まれ。パリ・マッチ誌の特派員としてヨーロッパ、アメリカ、アジアで活躍。ラリー・コリンズとともに著した『パリは燃えているか?』をはじめ優れたドキュメンタリー作品を多数出版、いまなお精力的な執筆活動を続ける第一級の作家である。熱心な慈善家としても知られ、81年にはインドに子供のための人道支援団体を設立、スラム街のハンセン病患者の救済にも尽力している。現在は妻とともにフランス在住
ラリー・コリンズ
1928年9月14日、アメリカのコネティカット州生まれ。イェール大学を卒業後、UPIついでニューズウィーク誌の特派員として北アフリカ、中東、ヨーロッパの各地で活躍した。1954年にパリでラピエールと知り合い意気投合、そして執筆された『パリは燃えているか?』は半世紀近くを経てなお読み継がれる名著であり、同名映画化もされている
志摩 隆
1931年生まれ。58年東北大学文学部卒、英米文学翻訳家
書籍一覧 > パリは燃えているか?

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ