pagetop

本 ひらいたトランプ

ほしい!に追加 twitter
本-ひらいたトランプ
著者: アガサ・クリスティー (著)
加島祥造 (訳)
定価 ¥907(税込)
BOOKFANポイント: 42 pt
or
Tポイント: 25 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
早川書房
シリーズ名
ハヤカワ文庫 クリスティー文庫 13
発行年月
2003年 10月
ISBNコード
9784151300134
版型
--
ページ数
396P
平均評価
(4)
: 1件
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

アガサ・クリスティー OFF
加島祥造 OFF

内容紹介

名探偵ポアロは偶然から、夜ごとゲームに興じ悪い噂の絶えぬシャイタナ氏のパーティによばれた。
が、ポアロを含めて八人の客が二部屋に分れてブリッジに熱中している間に、客間の片隅でシャイタナ氏が刺殺された。
しかも、居合わせた客は殺人の前科をもつ者ばかり…ブリッジの点数表を通してポアロが真相を読む。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

著者情報

アガサ・クリスティー
1890年、保養地として有名なイギリスのデヴォン州トーキーに生まれる。中産階級の家庭に育つが、のちに一家の経済状況は悪化してしまい、やがてお金のかからない読書に熱中するようになる。特にコナン・ドイルのシャーロック・ホームズものを読んでミステリに夢中になる。1914年に24歳でイギリス航空隊のアーチボルド・クリスティーと結婚し、1920年には長篇『スタイルズ荘の怪事件』で作家デビュー。1926年には謎の失踪を遂げる。様々な臆測が飛び交うが、10日後に発見された。1928年にアーチボルドと離婚し、1930年に考古学者のマックス・マローワンに出会い、嵐のようなロマンスののち結婚した。1976年に亡くなるまで、長篇、短篇、戯曲など、その作品群は100以上にのぼる。現在も全世界の読者に愛読されており、その功績をたたえて大英帝国勲章が授与されている
加島 祥造
1923年生、1947年早稲田大学英文科卒、英米文学翻訳家

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: Serrana 投稿日:2011/10/30

かくれた一級品

この作品はあまり有名ではないけど傑作ですよ。
(日本では)有名でないのはブリッジというトランプゲームの展開が犯人特定につながっているからでしょうが、でも!そんなもの知らなくても十分読んでおもしろいと思います。
ブリッジをよく知っていたらきっと犯人すぐわかってたよーなんてこともない気がしますし。
アリバイトリックとか物理トリックとかそんなに理解できてなくても推理小説ってびっくりできるところがどこかあれば面白く読めると思うのですがどうでしょうか。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ