pagetop

本 夏への扉 新装版

ほしい!に追加 twitter
本-夏への扉 新装版
著者: ロバートA.ハインライン (著)
福島正実 (訳)
定価 ¥799(税込)
BOOKFANポイント: 37 pt
or
Tポイント: 22 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
早川書房
シリーズ名
ハヤカワ文庫 SF 1742
発行年月
2010年 01月
ISBNコード
9784150117429
版型
--
ページ数
383P
平均評価
(4.5)
: 10件
: 2件
: 3件
: 0件
: 0件
ブクレポ
7件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ロバートA.ハインライン OFF
福島正実 OFF

内容紹介

ぼくの飼っている猫のピートは、冬になるときまって夏への扉を探しはじめる。
家にあるいくつものドアのどれかひとつが、夏に通じていると固く信じているのだ。
1970年12月3日、かくいうぼくも、夏への扉を探していた。
最愛の恋人に裏切られ、生命から二番目に大切な発明までだましとられたぼくの心は、12月の空同様に凍てついていたのだ。
そんな時、「冷凍睡眠保険」のネオンサインにひきよせられて…永遠の名作。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: ガラクタ 投稿日:2011/04/16

言わずと知れたSFの名作。ロ…

言わずと知れたSFの名作。
ロボット、冷凍睡眠などいかにもSFっぽいものがぞくぞく出てきて、
それプラス人間関係のドロドロや出会いが交わりもう凄いことになってます。

色々なものが詰まっていてゴチャゴチャとなるかと思いきや、
それは辻褄が合わないんじゃ?というところも後から回収してピッタリ収まる気持よさ。
味わって欲しいです!

猫への愛情も伝わる小説なので、猫好きな方にもお勧め。
SFが好きなら絶対読まなきゃな一冊です。

ニックネーム: たたみ 投稿日:2011/04/04

高校の図書館で出会いました。ち…

高校の図書館で出会いました。ちょうど山下達郎がこの作品を歌った曲【夏への扉】を見つけて、BGMに聞きながら読んだのを思い出しました。「僕はピートと永遠の夏の扉を開け放つ。だから…おやすみ」だったかな?読後に幸せになれる作品です。

ニックネーム: ヨンファ 投稿日:2011/03/17

三大SF作家のひとりロバート・…

三大SF作家のひとりロバート・A・ハインラインの代表作のひとつ。
SF的なガジェットは、冷凍睡眠とタイムマシンが物語的には重要だがその割にはさらっと出てくる程度なので、表紙を見ても分かるとおり猫好きの方にもお勧めな小説です。

物語は自分を陥れた男女への仕返しと愛する人と一緒になるべく奔走する主人公を描いたもの。舞台は1970年と2000年のアメリカですが、この小説が執筆された1950年代時点ではどちらも未来のことでしたので、どちらも過去の時代になっている現代からその当時の世界や技術を考えながら読んでいくと、執筆当時は意図されていなかったであろう別の面白さがあると思います。

後半に入ると目まぐるしく展開していく物語は、もっとじっくり読みたいと思わせるのも事実ですが、その一方で先の展開を早く知りたいと思う自分の心を考えるとこれはこれで良いのだと勝手に納得してしまいました。
SF小説の枠に収まりきらないその感動のストーリーと最後に爽やかにハッピーエンドで終わるこの作品は、日本では何度もSF小説のオ-ルタイムベストに選ばれているのにも得心がいきます。

ニックネーム: ホッピー亭 投稿日:2010/09/08

これがオリジナル!

これがオリジナル!

ニックネーム: マーブル 投稿日:2010/06/15

タイムトラベルものの名作。\n…

タイムトラベルものの名作。
最初に読んだのは30年も前のこと。当時一緒に読んで、感激しあった友人のことを思い出す。
その後何度も読み返したが、やはり良い。

「時をかける少女」を思い出すような、ライトな感じの作品で後味も良い。ステキな純愛ドラマに仕上がっています。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

リバース

湊かなえ(著)


君の膵臓をたべたい

住野よる(著)


捨てられる銀行 2

橋本卓典(著)


ランキング一覧へ