pagetop

本 集中講義!アメリカ現代思想 リベラリズムの冒険

ほしい!に追加 twitter
本-集中講義!アメリカ現代思想 リベラリズムの冒険
著者: 仲正昌樹 (著)
定価 ¥1,252(税込)
BOOKFANポイント: 58 pt
or
Tポイント: 34 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 NHK出版
シリーズ名 NHKブックス 1120
発行年月 2008年 09月
ISBNコード 9784140911204
版型 --
ページ数 291P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

仲正昌樹 OFF

内容紹介

格差社会から地域紛争まで、喫緊の課題をどう読み解くか。
現実的な社会変革をめざす思想として、近年注目されるアメリカ発のリベラリズム。
社会全体の「平等」と個人の「自由」の両立を構想することで、自由をめぐる現代的課題を考察したロールズの正義論からリバタリアニズムにコミュニタリアニズム、ネオコン思想まで。
リベラリズムを中心とするアメリカ現代思想のあらましを、時代背景とともに明快に解説し、日本をはじめ現代の思想状況にリベラリズムが与えた影響を探る。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

アメリカ発、思想のグローバリゼーション/1 リベラルの危機とロールズ(「自由の敵」を許容できるか―戦後アメリカのジレンマ/自由と平等を両立せよ!―「正義論」の衝撃)/2 リベラリズムの現代的展開(リバタリアニズムとコミュニタリアニズム―リベラルをめぐる三つ巴/共同体かアイデンティティか―文化をめぐる左右の戦争/ポストモダンとの遭遇―リベラルは価値中立から脱却できるか)/3 ポスト冷戦期のリベラリズム(政治的リベラリズムへの戦略転換―流動化する「自由」/“帝国”の自由―「歴史の終焉」と「九・一一」/リベラリズムから何を汲み取るべきか)

著者情報

仲正 昌樹
1963年、広島県生まれ。東京大学総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程修了。現在、金沢大学法学類教授。専攻は、政治思想史、比較文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


働く男

星野源(著)


ランキング一覧へ