pagetop

本 戦後政党の発想と文脈

ほしい!に追加 twitter
本-戦後政党の発想と文脈
著者: 松下圭一 (著)
定価 ¥4,104(税込)
BOOKFANポイント: 190 pt
出版社名 東京大学出版会
発行年月 2004年 02月
ISBNコード 9784130301312
版型 --
ページ数 274P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

松下圭一 OFF

内容紹介

日本の政党政治は新しい段階に入るのか―1960年前後と2000年前後の2回うたわれた「構造改革」は何を意味するのか。
都市型社会への激変期である1960年前後を考察した論考を収録するとともに、今日の政治と政党の再編・再生について書下ろし、21世紀日本政治を展望する。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 戦後政党の発想と文脈(個人経験と歴史展望の接点/時代の発想・文脈と政治 ほか)/1 一九六〇年前後・日本の政党現実(国民不在の選挙制度/保守・革新―組織の対決 ほか)/2 保守・革新対抗軸の再編(社会党・交錯する二底流/池田内閣とニュー・ライト)/3 社会変動と圧力団体・政党(戦後農村の変容と政治/労組政治活動の論理)/4 都市型社会への移行と政党転機(ニュー・ライトとオールド・ライト/工業社会と革命の論理 ほか)

著者情報

松下 圭一
1929年福井県に生れる。現在、法政大学名誉教授

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高3,000円分ギフト券プレゼント中!今すぐマイページへ
特集一覧へ