pagetop

本 完訳フロイス日本史 2

ほしい!に追加 twitter
本-完訳フロイス日本史 2
著者: ルイス・フロイス (著)
松田毅一 (訳)
川崎桃太 (訳)
定価 ¥1,234(税込)
BOOKFANポイント: 57 pt
or
Tポイント: 34 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 中央公論新社
シリーズ名 中公文庫
発行年月 2000年 02月
ISBNコード 9784122035812
版型 --
ページ数 325P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

完訳フロイス日本史 OFF
ルイス・フロイス OFF
松田毅一 OFF
川崎桃太 OFF

内容紹介

信長秀吉から庶民まで、西欧知識人が活写した戦国日本の政治と文化と生活―。
第二巻は、信長のフロイス謁見、日乗上人とフロイスの論争、南蛮寺建立の顛末などキリシタン宗門の躍進を描く。
フロイスの観察と描写は委曲を尽し、信任厚かった信長の人間像は躍如としている。
毎日出版文化賞、菊池寛賞受賞。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

ルイス・フロイス師が都から追放され、教会と家屋が異教徒に接収された次第/堺で(日比屋)ディオゴ了珪の娘モニカに生じたこと、および彼女の母が娘の死に先立って改宗した次第/堺における事態の進展、ならびに同地からもたらされた成果について/堺でルイス・フロイス師がたずさわっていたもろもろの務め、ならびに同所で生じた他のことどもについて/司祭を都へ連れ戻すことに関して翌(15)68年にさらに生じたことについて/都地方の数名のキリシタンの所業と徳操について/三ケサンチョ(頼照)殿が、その三ケの教会において、一司祭、一修道士、ならびに数名の高貴なキリシタン兵士たちの前で、都地方の改宗に関して行なった説話のこと/(織田)信長の素性、およびその性格、権勢、富、ならびに彼が到達した顕位と公方様の復位について/信長がその統治の過程で行なった他のことどもについて/信長が、和田殿の好意により、ルイス・フロイス師を都へ呼び戻すべく命じた次第〔ほか〕

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


そして生活はつづく

星野源(著)


ランキング一覧へ