pagetop

本 アメリカと宗教 保守化と政治化のゆくえ

ほしい!に追加 twitter
本-アメリカと宗教 保守化と政治化のゆくえ
著者: 堀内一史 (著)
定価 ¥907(税込)
BOOKFANポイント: 42 pt
or
Tポイント: 25 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
中央公論新社
シリーズ名
中公新書 2076
発行年月
2010年 10月
ISBNコード
9784121020765
版型
--
ページ数
280P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

堀内一史 OFF

内容紹介

アメリカは、二億人を超えるキリスト教徒を抱え、その八割が「天地創造」を信じ、教会出席率・回心体験でも群を抜く保守的な宗教大国である。
一九七〇年代以降、宗教右派が政治に参入し、レーガンの大統領当選に貢献するなど、表舞台に登場。
二一世紀以降、ブッシュ、オバマは宗教票を無視できなくなった。
本書は、世俗への危機意識からリベラル派が衰退し、保守化・政治化していく過程を中心に、アメリカの宗教の実態を描く。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 アメリカ宗教概観/第1章 近代主義と原理主義の闘い―『種の起源』と高等批判/第2章 宗教保守化の背景―南部福音派のカリフォルニア流入/第3章 主流派とリベラリズムの隆盛―一九三〇~六〇年代の潮流/第4章 原理主義・福音派の分裂―新福音派・福音派左派の登場/第5章 政治的保守の巻き返し―ゴールドウォーターからレーガンへ/第6章 宗教右派の誕生―自閉から政治の世界へ/第7章 大統領レーガンと宗教右派の隆盛―一九八〇~九〇年代の政治との関係/第8章 共和党ブッシュ政権と宗教右派の結集―政策への関与と“失敗”/第9章 オバマ政権誕生と宗教左派―政教分離と左派意識

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 12

渡航(著)


銀翼のイカロス

池井戸潤(著)


花咲舞が黙ってない

池井戸潤(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ