pagetop

本 鳥羽伏見の戦い 幕府の命運を決した四日間

ほしい!に追加 twitter
本-鳥羽伏見の戦い 幕府の命運を決した四日間
著者: 野口武彦 (著)
定価 ¥928(税込)
BOOKFANポイント: 43 pt
or
Tポイント: 25 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 中央公論新社
シリーズ名 中公新書 2040
発行年月 2010年 01月
ISBNコード 9784121020406
版型 --
ページ数 328P
平均評価
(5)
: 1件
: 0件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ 1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

野口武彦 OFF

内容紹介

「歴史にイフはない」なんて誰が言ったのか―幕府の命運を決した慶応四年(一八六八)一月三日から六日にかけての四日間の戦いは、さまざまな偶然に満ちている。
なぜ幕府歩兵隊の銃は装弾していなかったか、吹きつける北風は幕府軍にどう影響したのか、そして慶喜の判断はなぜ揺れ動いたのか―。
誰もがその名を知っているけれど、詳しくは知らないこの戦いをドキュメンタリータッチでたどる。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

プロローグ 鳥羽伏見の墓碑銘/第1章 開戦前夜/第2章 伝習歩兵隊とシャスポー銃/第3章 鳥羽街道の開戦―戦闘第一日目一月三日/第4章 俵陣地と酒樽陣地―戦闘第二日目一月四日/第5章 千両松の激戦―戦闘第三日目一月五日/第6章 藤堂家の裏切り―戦闘第四日目一月六日/第7章 徳川慶喜逃亡/エピローグ 江戸の落日

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: クロニスタ 投稿日:2015/11/08

天魔の所為

鳥羽伏見の戦いは幕末期における天下分け目の合戦だったのに、その戦況の推移を詳しく知っている人はそれほどいない。学校でもさらりと流して終わるし、鎖国により兵器の近代化に遅れた保守的な幕府が、いち早く開明し軍備を近代化した薩長に負けたという図式でいつも語られる。本当にそうなのか?という疑問にこの本は答え… >>続きを読む
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
Yahoo!ウォレット利用開始記念 Tポイント・今だけ最大5%!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

海賊王と開かずの《門》

茅田砂胡(著)


中学生からの作文技術

本多勝一(著)


小説君の名は。

新海誠(著)


ランキング一覧へ