pagetop

本 ハプスブルク三都物語 ウィーン、プラハ、ブダペスト

ほしい!に追加 twitter
本-ハプスブルク三都物語 ウィーン、プラハ、ブダペスト
著者: 河野純一 (著)
定価 ¥842(税込)
BOOKFANポイント: 39 pt
or
Tポイント: 23 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 中央公論新社
シリーズ名 中公新書 2032
発行年月 2009年 11月
ISBNコード 9784121020321
版型 --
ページ数 241P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

河野純一 OFF

内容紹介

ハプスブルク帝国は美しい都を残した。
ウィーン、ブダペストはドナウ川と、プラハはモルダウ川と、町はそれぞれの物語を紡いできた。
本書では、教会、宮殿、二十世紀の名建築を訪ね、モーツァルトやシュトラウスたち音楽家の足跡を辿っていく。
そこには、すぐれた審美眼で芸術を庇護し続けた名門王家の歴史と、帝国の栄華を体現する華麗なる文化が今も息づいている。
路地裏やカフェを含め、都の今を伝えるカラー口絵収載。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 ハプスブルク帝国と三都の歴史(ウィーン―美しく青きドナウのほとりで/プラハ―悠然と流れるモルダウの上に/ブダペスト―民主主義の橋が架かる町)/2 建築を歩く―祖国への思い(真の芸術を求めて―バロックからウィーン分離派へ/百塔の都―プラハとアール・ヌーヴォー/レヒネル・エデンのブダペスト世紀末建築)/3 現在の中に含まれた過去―音楽とカフェを楽しむ(音楽の都/もう一つの顔―カフェとワイン)

著者情報

河野 純一
1947年(昭和22年)、横浜市に生まれる。72年、東京外国語大学大学院修了。87年~89年、ウィーン大学客員教授。現在、横浜市立大学教授(ドイツ語ドイツ文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


そして生活はつづく

星野源(著)


ランキング一覧へ