pagetop

本 毒と薬の世界史 ソクラテス、錬金術、ドーピング

ほしい!に追加 twitter
本-毒と薬の世界史 ソクラテス、錬金術、ドーピング
著者: 船山信次 (著)
定価 ¥864(税込)
BOOKFANポイント: 40 pt
or
Tポイント: 24 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 中央公論新社
シリーズ名 中公新書 1974
発行年月 2008年 11月
ISBNコード 9784121019745
版型 --
ページ数 244P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

船山信次 OFF

内容紹介

毒にしても薬にしても、人類との関わりは、きわめて長く深い。
古くから人類は毒を避け、効能のある物質は活用してきた。
そして、それらを合成することが可能になってからは、良きにつけ悪しきにつけ、その使用法は無限に拡大している。
しかし、実は、同じものが毒にもなれば薬にもなる。
本書は、ソクラテスの飲まされた毒から、錬金術、ドーピングにいたるまで、古今東西の毒や薬をめぐる秘話・逸話を紹介するものである。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 古代の毒と薬(地球と毒・薬の誕生/古代エジプト・ギリシャ・ローマにおける毒と薬/古代インド・中国における毒と薬/古代日本における毒と薬)/第2章 中世の毒と薬(魔女と毒草/大航海時代の毒と薬/ルネサンス・錬金術・科学と化学の曙 ほか)/第3章 近世の毒と薬(『本草綱目』と本草学の発展および南蛮医学の導入/近代医学・薬学黎明期における毒や薬にまつわる発見・事件/近代有機化学への出発)/第4章 近代の毒と薬(病原微生物学の誕生と発展/近代薬学および有機化学の誕生と発展/種々の疾病に対抗する療法の黎明)/第5章 現代の毒と薬(抗生物質の再発見と発展/精神を左右する毒と薬/科学の発展と毒と薬/公害と薬害、毒や薬による犯罪)

著者情報

船山 信次
1951年(昭和26年)、仙台市生まれ。東北大学薬学部卒業。同大学大学院薬学研究科博士課程修了。薬剤師、薬学博士。イリノイ大学薬学部留学、北里研究所微生物薬品化学部室長補佐、東北大学薬学部助手、同専任講師、青森大学工学部助教授、同教授、同大学大学院環境科学研究科教授(兼任)、弘前大学客員教授(兼任)等を経て、日本薬科大学教授(漢方薬学科天然物化学分野)。Pharmaceutical Biology(USA)副編集長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


働く男

星野源(著)


ランキング一覧へ